ホーム > 導入事例 > プール学院大学短期大学部 様

導入事例

プール学院大学短期大学部 様

写真:プール学院大学短期大学部様所在地:大阪府堺市

1879(明治12)年設立のプール学院様は、日本で最も古い女子教育の伝統をもつ学校のひとつで、学院名は英国人主教A.W.プール博士に由来します。
プール学院大学短期大学部様は、1950年に創設され、「社会で活躍できる女性を育てる」を教育理念とし、教員と学生が親しく互いに学びあえる環境の中で、学生1人1人を大切にした教育が行われています。

ホームページ(http://www.poole.ac.jp/index.html新しいウィンドウで開きます。

授業支援システム ニンテンドーDS教室がオープンキャンパスでインタラクティブな 新しい授業スタイルを実現。

写真:オープンキャンパスで、「ニンテンドーDS教室」を活用したキャリア教育を紹介オープンキャンパスで、「ニンテンドーDS教室」を活用したキャリア教育を紹介

プール学院大学短期大学部秘書科様では、130年の女子教育の伝統を活かしながら少人数制による対話を重視した教育で、豊かな人間力を育みながらビジネス実務能力を身につけることができ、学生の満足度の高い就職や進学をサポートしています。

2010年度の秘書科のカリキュラムとして、授業支援システム「ニンテンドーDS教室」をキャリア教育に活用してゆくことを計画されています。2010年3月には入学を希望される高校生を対象としたオープンキャンパスの中で「ニンテンドーDS教室」を利用したデモ授業を開催しました。表計算ソフトで簡単に作成できるオリジナル教材を利用し、学生が専用のニンテンドーDSi LLを使って解答し、その解答状況をリアルタイムに大型モニターに表示しながら、教授がコメントを述べるなど、「ニンテンドーDS教室」は、活気あるインタラクティブな新しい授業スタイルを実現しています。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • IT教室に限定されず一般教室で利用でき、学生がすぐに利用できる簡単な操作性。
  • 表計算ソフト(Microsoft® Excel)で、オリジナル教材が簡単に作成可能。

授業での活用計画

イメージ:授業での活用計画(注) 基礎ゼミ:1年生前期の必須科目であり、大学で必要な基礎力をつける科目。

ニンテンドーDS教室画面例
イメージ:ニンテンドーDS教室の画面例
練習問題・解答画面 アンケート画面

導入のきっかけ

学生の集中力を高め、より充実した授業の実現に向け、新しい授業支援ツールを検討。

写真:専用のニンテンドーDSi LLで練習問題にチャレンジ専用のニンテンドーDSi LLで練習問題にチャレンジ

プール学院大学短期大学部秘書科様は、短期大学の2年間の限られた期間に、より効果的・実践的なカリキュラムを実施するため、学生の集中力を高める充実した授業の実現に向け、新しい授業支援ツールを検討されました。誰もが使いやすい操作性、学生の学習進度や理解状況がリアルタイムに把握でき、オリジナル教材が簡単に作れることなどを評価され、授業支援システム「ニンテンドーDS教室」を採用されました。

導入後の感想

学生にとって親しみやすく、スムーズに授業で利用できるインタラクティブな授業支援ツールとして期待。

写真:秘書課 教授 鶴坂様秘書課 教授
鶴坂様

秘書科教授の鶴坂様は、「『ニンテンドーDS教室』は、一般のIT機器と違い、学生にとって親しみがあり、使いやすく、スムーズに授業で利用できます。また、学生が練習問題に取り組んでいる最中でも、先生側の専用パソコンに学生の解答状況をリアルタイム表示し、学生の理解状況を把握できますので、理解度に応じて授業が進められます。さらに、学生が専用のニンテンドーDSi LLに記入した内容をクラス全員で情報共有することで、気づきを促し、より効果的でインタラクティブな授業が展開できると期待しています。また、表計算ソフトでオリジナル教材が簡単に作成できるのも魅力です。」とおっしゃっています。

今後の展開

他の学科の授業や学院イベント、地元高校との連携など、幅広い活用を検討中。

イメージ:先生用パソコン画面先生用パソコン画面

今後は、2010年度の秘書科基礎教育科目で、確認テストや総合適性検査・各種検定試験などの対策練習問題を中心に、「ニンテンドーDS教室」を利用した授業を予定されています。また、同短期大学部の幼児教育保育科でのカメラボード機能を使ったビジュアルな授業、学院イベントでのアンケートツールとしての利用、地元の高等学校との教材連携など、「ニンテンドーDS教室」の幅広い活用が期待されています。

2010年5月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ