ホーム > 導入事例 > 旭山動物園「もぐもぐ食堂」・「モグモグプラット」 様

導入事例

旭山動物園「もぐもぐ食堂」・「モグモグプラット」 様

写真:旭山動物園「もぐもぐ食堂」・「モグモグプラット」様所在地:北海道旭川市

動物の自然な生態が見られる行動展示や混合展示で知られ、年間約250万人(注1)が訪れる旭山動物園様には、JR北海道グループの旭川ターミナルビル株式会社様の運営する「もぐもぐ食堂」と「モグモグプラット」が出店され、連日多くの観光客が利用されています。

旭山動物園ホームページ
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/新しいウィンドウで開きます。

(注1) 平成21年度

年間約250万人(注1)の観光客が訪れる北海道の人気動物園内の店舗で、シャープのPOSターミナルがスピーディな売上処理に活躍。

写真:POSターミナルRZ-A330NC「もぐもぐ食堂」のテイクアウト用カウンターのPOSターミナルRZ-A330NC。

2009年ゴールデンウィークに、北海道の美味しい食材が味わえる「もぐもぐ食堂」とオリジナルグッズショップ「モグモグプラット」様が旭山動物園内にオープンしました。シャープのPOSターミナルRZ-A330NCは、「もぐもぐ食堂」のイートインとテイクアウト用の各カウンターに、「モグモグプラット」には、システムレジスタUP-600Sが導入されました。お昼時に多くのお客様が集中して来店される「もぐもぐ食堂」では、POSターミナルのタッチパネルでお客様のオーダーにスピーディに対応し、レシートを複数枚出すカスタマイズにより、隣接する厨房との連携をスムーズにする運用にされています。店舗の売上データは、メニュー・時間・部門別に集計管理され、人員シフトや食材の発注をはじめ、今後の販売戦略や商品開発の参考にすることで、お客様のニーズに応える店舗づくりに活用されています。

(注1) 平成21年度

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 限られたカウンタースペースを有効活用できる省スペース設計(幅325mm×奥行410mm×高さ360mm)と、すっきりした背面デザイン。
  • タッチパネル機能付き高精細TFTカラー液晶(SVGA)を搭載した、明るく見やすい10.4型カラー液晶。

システム概要図

図:システム概要図

導入のきっかけ

旭山動物園内での店舗オープンに合わせ、商品開発や販売戦略に活かせるシステムを検討。

写真:システムレジスタUP-600Sにハンドスキャナを装着システムレジスタUP-600Sにオプションのハンドスキャナを装着し、スピーディに売上処理。

旭川ターミナルビル株式会社様では、食堂とグッズショップを旭山動物園内にオープンするにあたり、売上データをリアルタイムに本部で一元管理、売れ筋商品を把握し、今後の商品開発や販売戦略に活かせるシステムの導入を検討。明るく見やすい画面、省スペース設計、用紙交換が簡単なレシートプリンタなどを評価され、シャープのPOSターミナルRZ-A330NCを採用されました。また、オプションのハンドスキャナを利用して、商品のバーコードに触れるだけで売上処理ができるシャープのシステムレジスタUP-600Sを合わせて導入されました。さらに、会計と厨房が隣接している食堂では、会計時にレシートを3枚(お客様レシート、お客様注文控え、厨房用注文明細)出し、うち1枚の注文明細を厨房スタッフへ手渡しする運用にカスタマイズされました。

導入の感想

カラー液晶画面の見やすさや簡便な操作性が、スタッフに好評。

写真;旭川ターミナルビル株式会社 経営企画部 担当課長 佐々木様旭川ターミナルビル株式会社
経営企画部
担当課長 佐々木様

「もぐもぐ食堂」の店舗スタッフ様は、「シャープのPOSターミナルは、カラー液晶画面が見やすく、操作も簡単です。1会計毎にレシートを3枚出すので、レシートの補充回数が多いのですが、ロール紙投げ込み方式なので、用紙切れにも素早く簡単に対応でき、お客様をお待たせすることがほとんどありません。」とおっしゃっています。旭川ターミナルビル株式会社 経営企画部 担当課長の佐々木様は、「シャープのPOSターミナルやシステムレジスタの導入により、店舗ではスピーディなレジ対応ができ、本部では売上データを多角的に分析することが可能になり、大変満足しています。」と導入を評価されています。

今後の展開予定

売上データの分析結果を活かした店舗戦略とシステムのバージョンアップを検討中。

写真:POSターミナルRZ-A330NC。「もぐもぐ食堂」のイートイン用カウンターのPOSターミナルRZ-A330NC。

今後は、POSターミナルでの売上データの分析結果をさらに活かした店舗戦略を行なうとともに、店舗スタッフの要望を反映させたシステムのバージョンアップを図る予定です。また、旭川ターミナルビル株式会社様では、「北彩都(きたさいと)」として大規模な再開発事業を推進中の旭川新駅舎への出店計画があり、園内のショップ同様、売上データを本部で一元管理するPOSターミナルの導入を検討されています。

2010年9月発行

導入製品

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ