ホーム > 導入事例 > 南国殖産株式会社 様

導入事例

南国殖産株式会社 様

写真:南国殖産株式会社様本社。本社
所在地:鹿児島県鹿児島市

南国殖産株式会社様は、1945年設立の九州・鹿児島を拠点とする総合商社で、子会社・関係会社30数社を擁する九州屈指のグループ企業を形成されています。エネルギー事業本部をはじめとする4事業部門を主軸に、「人こそ財産」の経営理念のもと、変化対応企業として、新しいビジネス拠点・新しい街づくりを通じて地域活性化に貢献されています。

ホームページ(http://www.nangoku.co.jp/新しいウィンドウで開きます

54ヶ所のガソリンスタンドで、1,560台のLED照明キャノピー灯を導入。電気料金が月最大56.5%ダウン(注1)した店舗も!コスト削減に貢献。

写真:塚田給油所(鹿児島市)

南国殖産株式会社様のエネルギー事業本部では、鹿児島県内をはじめ九州各県に営業網を拡げ、ガソリンスタンドを九州一円に85ヶ所展開されています。新規にオープンするサービスステーションでは、LEDキャノピー灯の導入に加え、全照明にLED照明を採用するモデル店舗など、環境に配慮した店舗づくりに積極的に取り組まれています。さらにエネ革税制(注2)を利用し、2012年3月までに、既存のサービスステーションのキャノピー灯を水銀灯からLED照明に順次切り替え、会社トータルとして、省エネとコスト削減を目指していらっしゃいます。LED照明は、省エネ・コストやメンテナンスの削減・虫の集まりにくい光などの多数の特長で、今後のサービスステーションの経営の一助として活用を期待されています。

(注1) 南国殖産株式会社様・柳町給油所の2010年10月~2011年6月の電気料金のデータより。

(注2) エネルギー需給構造改革推進投資促進税制。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • キャノピー灯を400W形水銀灯とほぼ同等直下照度(注3)のLED照明に取り替えることによる、消費電力約40%の省エネとのCO2削減効果を期待。
  • 設計寿命60,000時間(注4)、メンテナンスの手間と費用の削減。

(注3) 軒下取付け機具(下方光束比35~50%)に400W形水銀灯(定格22.000lm)を使用した場合との対比において。

(注4) 寿命は、光束が70%まで低下するまでの時間です。製品の寿命を保証するものはでありません。

設置概要図及び照度実測値

凡例 : LED照明。地面より高さ約1mの位置で計測。構造物の影響は考慮しておりません。)

図:給油コーナーのLED照明設置位置と照度実測値。八角形内数字は照度。単位はルクス。

平均照度:約368ルクス,最小照度:195ルクス,最大照度:630ルクス

写真:LEDキャノピー灯
消費電力154W

導入のきっかけ

税制面の支援制度を利用し、環境への配慮と経費削減が期待できるLED照明の導入を検討。

南国殖産株式会社様は、環境への配慮と経費削減を検討される中、省エネ・メンテナンスコストの削減・虫の集まりにくい光などのLED照明の特長を評価され、新規オープンのサービスステーションでLEDキャノピー灯の導入を検討。デザイン性・寿命・明るさ・国内メーカーへの信頼性などを考慮し、シャープのLED照明を採用されました。また、試験的に水銀灯からLEDキャノピー灯に入れ替えたサービスステーションでは、導入直後から電気代の削減効果が表れ、エネ革税制の援助や長期の企業経営計画から考えても今が導入のチャンスと捉え、全サービスステーションにLEDキャノピー灯を導入することを決定されました。

写真:塚田給油所(鹿児島市)

導入後の効果

企業トータルとしてコスト削減を実現、LED照明の多数のメリットに大満足。

写真:産業エネルギー販売店事業部
環境安全ビジネス課
係長 地福様

産業エネルギー販売店事業部 環境安全ビジネス課 係長の地福様は、「キャノピー灯を水銀灯からLED照明に切り替えた店舗では、事前のシミュレーション以上の電気料金の削減効果が見られた店舗もあり、企業トータルとして大幅なコスト削減を実現しました。店舗では、カメムシなどの虫が集まらなくなったので清潔感が増したうえ、お客様からも『手元が明るくなった』というお声も頂いています。店舗の立地によっては、隣接住宅地への照明の光モレもなくなるなど、LED導入メリットは多岐にわたり、その効果に大変満足しています。」とおっしゃっています。

今後の展開予定

全サービスステーションのキャノピー灯をLED照明へ切り替え。

写真:柳町給油所 (鹿児島市)

今後は、2012年3月末までに、全てのサービスステーションのキャノピー灯をLED照明に入れ替える予定です。また、セールスルームや屋外の照明もLED照明への入れ替えを計画され、より一層、地球環境に配慮したサービスステーションを目指されています。さらに、店舗に加えて、自社倉庫へもLEDキャノピー灯の導入を検討するなど、全社をあげて省エネ対策にLED照明の活用を企画されています。

2011年8月発行

導入製品

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ