ホーム > 導入事例 > 株式会社JAメモリアルこうち 様

導入事例

株式会社JAメモリアルこうち 様

写真:葬儀会場ルミエールこうち
所在地:高知県高知市

株式会社JAメモリアルこうち様は、高齢化の進展の中、組合員(地域の方々)とそのご家族のご不幸に際し、JA関係者自らの手で葬儀をお手伝いし、故人をお見送りすることが最後の組合員(地域)活動であるとの考えのもと、JAグループの出資により平成13年に設立されました。真心を込めた質の高いサービスを提供するポリシーで、組合員(地域の方々)に信頼される事業として確立し、さらに「ギフトガーデンルピナス」ではギフトショップとして贈る喜びをサポートされています。

ホームページ(http://www.jamemorial.jp/新しいウィンドウで開きます

ディスプレイにUSBメモリーを挿すだけの簡単運用で祭壇からはなれた参列席からも遺影がよく見える新しい祭壇スタイルが、お客様の満足度アップに貢献。

株式会社JAメモリアルこうち様は、高知県下に7カ所の葬祭会館「ルミエール」を構え、安心と信頼でご満足いただけるご葬儀を運営されています。また、190坪の広々とした店内に約5,000点のアイテムを常備した「ギフトショップルピナス」では、ギフト選びが楽しくなるお店づくりを展開されています。シャープの液晶インフォメーションディスプレイ(PN-Y425)は、高知営業所が管轄される「ルミエールこうち」の葬儀会場に導入され、葬儀の際に遺影を表示しています。大画面・高画質のディスプレイに映し出される故人の写真は、遺族の方々の席からはもちろん、会場後方の参列席からも良く見えます。インフォメーションディスプレイは、よりビジュアルにお写真を表示し、最後のお別れの時間を大切にお過ごしいただけるよう、顧客サービスの一環として活躍しています。

写真:インフォメーションディスプレイ(PN-Y425)

写真:葬儀会場のイメージ

(注)遺影はイメージ用の写真であり、実際の葬儀とは関係はありません。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 静止画または動画を記録したUSBメモリー(別売)を本体に挿すだけで、自動的にコンテンツ再生が可能。
  • 空間演出にこだわったスペースにふさわしい狭額縁デザインのディスプレイ。

システム概要図

図:遺族からお預かりした写真データ等を事務所のパソコンでUSBメモリーにコピーし、葬儀会場のインフォメーションディスプレイPN-Y425に挿します。葬儀会場のインフォメーションディスプレイは、スタンドに設置されUSB延長ケーブルが接続されています。

導入のきっかけ

新しい試みとして、祭壇の遺影を高画質の大画面に表示することを検討。

株式会社JAメモリアルこうち様では、「ギフトガーデンルピナス」の店舗に、ギフト商品を紹介するデジタルサイネージを導入されています。それをヒントに祭壇の遺影をディスプレイに表示することを検討。しかし、IT機器の操作など運用面に課題あり、導入に至りませんでした。シャープのインフォメーションディスプレイ(PN-Yシリーズ:USBメディアプレーヤー内蔵のサイネージモデル)を展示会でご覧になり、高画質・高精細の画面、USBメモリーを本体に挿すだけで、自動的にコンテンツ再生する簡単操作が同社のニーズに一致しました。USBメモリーに写真データを入れる作業も容易で、誰もが簡単に写真データをディスプレイに表示できる運用を評価し、インフォメーションディスプレイ(PN-Y425)を「ルミエールこうち」の葬儀会場に導入されました。

写真:事務所で遺族からお預かりした写真データをUSBメモリーにコピーする。

写真:祭壇の裏で、ディスプレイから延長したUSBケーブルに、コンテンツを入れたUSBメモリーを挿す。

導入後の感想

高画質・大画面での写真表示はお客様の満足度が高く、スタッフからも簡単操作の運用が好評。

写真:セレモニー事業部
高知営業所
所長 土居様

セレモニー事業部 高知営業所 所長の土居様は、「インフォメーションディスプレイ導入直後は、写真が縦型から横型に変わったので多少違和感がありましたが、今は全く感じなくなりました。それ以上に、葬儀会場に入ると直ぐに故人のお写真が目に留まり、離れた場所からもよく故人のお顔が拝めると遺族の方々や参列者の皆様からご好評をいただいております。葬儀が始まる前には、故人の思い出の写真や動画をインフォメーションディスプレイに流すサービスもご提案しています。お客様は組合員を中心としている関係で葬祭会館として大々的な宣伝はしてはおりませんが、ディスプレイに故人の写真を表示していることが参列者の話題となり、口コミで良い宣伝につながっています。近隣で当社のような祭壇をご提案しているところがないので、インパクトが強いようです。また、葬儀は常に本番なので、ディスプレイへの写真表示の失敗は許されませんが、IT機器の苦手なスタッフでもコンテンツの入ったUSBメモリーを挿すだけという非常にシンプルな操作なので、安心して運用ができます。」とおっしゃっています。

写真:葬儀が始まる前は、故人の思い出の写真をスライドショーで表示するサービスをご提供。

今後の展開予定

他の葬祭会館への追加導入や、新サービスにディスプレイの活用を検討

写真:メモリアルコーナー

今後は、他地区にある葬祭会館「ルミエール」に、インフォメーションディスプレイを導入し、遺影の表示を計画されています。また、新しい試みとして、葬儀会場に設置しているメモリアルコーナーにディスプレイを導入し、故人の思い出のお写真や記念品などをビジュアルに表示し、故人との思い出をより回想いただきやすいよう演出しながら、葬儀に参列いただくサービスを検討されています。

2015年7月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ

(注) 記載されている会社名、製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。