ホーム > 導入事例 > Tes Language School 様

導入事例

Tes Language School 様

写真:Tes Language School 様 本社所在地:高知県高知市

Tes Language School様は、高知市と土佐市に教室を構え、色々な言語を楽しく学べる教室づくりをモットーとされています。現在は、英語・中国語・韓国語・スペイン語・フランス語の6カ国の言語が学べるクラスを開講し、未就学児童(3歳)から大人までの幅広い年令の方々、約200名がレッスンを受講されています。また、アメリカやニュージランドへのホームステイ体験のお世話もされています。国際社会で役に立つ外国語を少人数制グループやプライベートレッスンを通じ、高知が国際色豊かな街になるよう、橋渡し的存在になることを目指されています。

ホームページ(http://tes-language-school.com/新しいウィンドウで開きます

ネット上の最新情報やマルチメディア教材、タブレット端末のデータを「BIG PAD」に表示し、拡大表示や書き込みをしながら、ビジュアルで楽しく、わかりやすいレッスンを実現。

写真:高知市本町教室の大教室

Tes Language School様では、高知市内にある本町教室の大教室と小教室にシャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L602B)を壁掛け設置されています。また、タブレット端末の情報を「BIG PAD」に画面共有、書き込み、画面操作などができる「ミーティング支援ソフト タッチディスプレイリンク2.0」を導入し、語学レッスンに活用されています。「BIG PAD」は、ホワイトボードとしての一般的な利用方法に加えて、教材DVDやインターネット上の海外の最新情報や語学アプリケーションソフトなどを高画質の大画面に表示させ、実践で活かせる語学を学ぶ支援ツールとして活躍しています。さらに、講師も着席しながらグループレッスンに相応しいアットホームな雰囲気な中で、手元のタブレット端末を操作しながら、「BIG PAD」の画面共有や拡大、書き込みなど、自然なスタイルで楽しくレッスンを実施されています。

写真:教材に付いているマルチメディア教材を画面に表示。

写真:手元のタブレット端末を操作し、「BIG PAD」と画面共有を図ります。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 手元のタブレット端末で電子黒板の画面送りや書き込みなどの操作ができ、タブレット端末に入っているデータを簡単に画面共有できる連携ソフト。
  • ページ数を気にせず、何ページにもわたって書き込みができるホワイトボード機能が搭載されたタッチディスプレイ。

システム概要図

Tes Language School様の、本町教室の大教室と小教室に壁掛け金具PN-ZS601により壁面に取り付けたタッチディスプレイPN-L602Bには専用パソコンが接続されています。専用パソコンにタッチディスプレイリンク PN-SL20をインストールすることにより、タブレット端末とBIG PADは画面共有やファイル送受信が行えます。

導入のきっかけ

マルチメディア教材を活用するレッスン環境の整備として、電子黒板の導入を検討。

Tes Language School 様では、小・中学校で、電子黒板を活用して学習効果を上げている事例を知り、電子黒板に関心を持たれました。語学教材、とくに英語教材はマルチメディア化された物が多く、インターネット上に便利なアプリケーションソフトが多数あります。それらを効果的に使うには、CDラジカセを使ってのリスニングや講師のノートパソコンをまわしながら皆で順番に画面内容を確認するなどの従来のやり方に限界を感じておられました。パソコン画面の情報を電子黒板の大画面に表示させることで、一度に生徒全員で内容を確認できるうえ、表示内容に直接書き込みができるなど、限られた時間内にスムーズにレッスンを進められると考えられ、導入を決定。パソコンとの連携の良さや教室のスペースに合った画面サイズを考慮され、シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L602B)を採用されました。また、併せて、タブレット端末と「BIG PAD」をリンクさせる「ミーティング支援ソフト タッチディスプレイリンク2.0」を導入され、使い勝手の良いレッスン環境を整備されました。

写真:インターネット上に公開されているアプリケーションソフトなどを画面に表示。

写真:リスニングでは、オーディオ編集ソフトウェアを使って、画面にタッチし、必要な部分のみを何度でも再生可能。

導入後の感想

「BIG PAD」に動画や画像などを表示することで、視覚的効果で習熟度も向上。

写真:CEO SHOLES DOUG(ショーレス ダグ) 様

CEO SHOLES DOUG様は、「当社は、気軽に語学学習にトライできるよう、入会金不要で、テキストも必要最低限分を生徒さんに購入して貰っています。重要なポイントや問題をホワイトボードに書き写す手間や時間がどうしてもかかっていましたが、『BIG PAD』を導入してからは、パソコンやタブレット端末にあるテキスト等を表示し、書き込みもできるので、とても便利になりました。また、未就学児や小学校低学年の児童には、ビジュアルな教材を大画面の『BIG PAD』に表示することで、視覚効果による語学への興味がますます高まり、習熟度があがりました。さらに、生徒と同じテーブルにつきながら、手元のタブレット端末から『BIG PAD』の画面を操作できるので、講師の大きな身体で『BIG PAD』遮ることもないのも利点です。」とおっしゃっています。

今後の展開予定

「BIG PAD」の活用頻度をあげるために、講師陣への操作講習を予定。

教室に導入した「BIG PAD」やタッチディスプレイリンクを積極的に活用してレッスンをしているクラスは、英語と韓国語のクラスが中心なので、他の言語クラスでも利用できるよう、講師陣に「BIG PAD」の操作方法などを講習し、活用頻度をあげていく予定です。また、今後、新しく教室を開設される際には、増設を検討されています。

写真:韓国語のレッスンでは、ホワイドボード機能を活用。2人同時に画面に書き込んだり、書いた文章の文法を全員で確認しながら、添削します。

写真:画面いっぱいに書いた文章を消すことなく、新しいページに切り替えて利用。レッスンの最後にはページを戻して、復習を行います。

2015年9月発行

導入製品

タッチディスプレイリンクは、SHARP ディスプレイコネクトに名称変更しました。(2016年5月)

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ

(注)BIG PADはシャープ株式会社の登録商標です。その他、会社名、製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。