ホーム > 導入事例 > 株式会社 東京凮月堂 様

導入事例

株式会社 東京凮月堂 様

株式会社東京凮月堂様の銀座本店銀座本店
所在地:東京都中央区

株式会社東京凮月堂様は、明治5年に創業し、有名百貨店、駅ビル、名店街などに約1500店を出店する老舗菓子メーカーです。洋菓子界のリーディングカンパニーとして、「技術力のさらなる充実」「商品の安全性の向上」「高品位な店づくり」などの課題に積極的に取り組まれ、「本物」へのこだわりを深め、新しい菓子文化を提案されています。

ホームページ(http://www.tokyo-fugetsudo.co.jp/ 新しいウィンドウで開きます。

老舗洋菓子メーカーの小売店舗で売上・在庫・勤怠管理にハンディブレインRZ-H220が活躍。

店頭使用例:業務用携帯端末(ハンディターミナル)RZ-H220に内蔵の高性能レーザースキャナで、商品のバーコードを読み取り、商品情報をスピーディに確認。ハンディブレインRZ-H220に内蔵の高性能レーザースキャナで、商品のバーコードを読み取り、商品情報をスピーディに確認。

銘菓「ゴーフル」で知られる株式会社東京凮月堂様は、店舗業務のIT化に積極的に取り組み、テナント店舗の業務用携帯端末から直接本部にデータを送信し、自社で単品売上情報を把握できるデータ管理システムを構築されています。

シャープの業務用携帯端末ハンディブレインRZ-H220は、有名百貨店や駅ビルのテナント直営店に導入され、商品の発注や棚卸、売上げ報告などの店舗業務をはじめ、販売員の勤怠管理やメールによる業務連絡などに幅広く活用されています。

女性販売員にも持ちやすいスリムなボディにバーコードスキャナや通信機能を搭載したハンディブレインRZ-H220は、ワイヤレスの簡便な操作性が、限られた店舗スペースでの作業環境を向上させ、店舗業務の効率アップに活躍しています。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • バーコードスキャナや通信機能を搭載したオールインワンの簡便な操作性。
  • 新たに通信ソフトを開発する必要がなく、初期導入コストの削減や運用開始までの期間を短縮できるシャープの通信連動ツール「MCOP(エムコップ)」。
システム概要図
株式会社東京凮月堂様の業務用携帯端末(ハンディターミナル)システム概要図
ハンディブレインRZ-H220の画面例
株式会社東京凮月堂様の業務用携帯端末(ハンディターミナル)RZ-H220の業務選択メニュー、日報報告、勤怠管理の各画面例。
業務選択メニュー画面 日報報告画面 勤怠管理画面

導入のきっかけ

限られた売場スペースで作業効率をアップする業務用携帯端末の導入を検討。

店頭使用例:業務用携帯端末(ハンディターミナル)RZ-H220のバーコードスキャナで商品のバーコードを読み取り。

株式会社東京凮月堂様は、店舗の単品売上管理用PDAのリプレースに伴い、限られた売場スペースで作業効率をアップする業務用携帯端末の導入を検討。文字が見やすい高輝度・高精細の液晶画面、スキャナや通信などの複数の機能を1台に集約したワイヤレス仕様、落下に強い優れた耐環境性能など、販売員の使いやすさを重視し、シャープの業務用携帯端末ハンディブレインRZ-H220を採用されました。また、従来のPDAで利用実績のあるシャープの通信連動ツール「MCOP(エムコップ)」を引き続き導入されました。

導入の感想

画面の視認性が高く、操作性も販売員に好評。
複数の機能が一台の端末に集約され効率アップ。

株式会社東京凮月堂様 情報システム部 部長 菅野様 情報システム部
部長 菅野様

情報システム部長の菅野様は、「ハンディブレインRZ-H220は、『明るい店舗でも画面が見やすい』『アプリケーションの処理速度が速く処理がスムーズ』『一台でバーコードの読み取りや本部へのデータ送信ができ、とても便利』『軽量スリムなボディは携帯電話感覚で持ちやすい』など、販売員に好評です。また、他の機器との接続が不要でトラブルの心配も無く、業務用携帯端末としての堅牢性にも満足しています。」とおっしゃっています。

今後の展開予定

カメラや通信機能を活用し、本部と店舗でビジュアルに情報を共有。

店頭使用例:業務用携帯端末(ハンディターミナル)RZ-H220のバーコードスキャナで商品のバーコードを読み取り。

今後は、ハンディブレインRZ-H220に搭載されている200万画素カメラと通信機能を利用し、本部と店舗間でイベント時の商品陳列状況や商品汚破損の状態を画像でやり取りするなど、文字にしにくい情報をビジュアルな情報としてタイムリーに共有することを計画されています。また、RZ-H220の通信機能を利用し、店舗から社内ポータルサイトの各種情報にアクセスするなど、本部と店舗のより密接な関係を築くインタラクティブな業務用携帯端末として活用することを検討されています。

2010年1月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ