ホーム > 導入事例 > 埼玉県ふじみ野市教育委員会 様

導入事例

埼玉県ふじみ野市教育委員会 様

写真:埼玉県ふじみ野市役所 第二庁舎所在地:埼玉県ふじみ野市

写真:埼玉県ふじみ野市立大井小学校様撮影協力: 大井小学校様

ふじみ野市は、都心から30キロ圏内に位置し、平成17年10月上福岡市・大井町がひとつになり、新市「ふじみ野市」が誕生しました。教育委員会様は市内中学校6校、小学校12校を管轄され、(1)教育内容の充実、(2)開かれた学校づくりの推進、(3)学校規模の適正化の推進と教育環境の整備、(4)就園・就学援助の充実に取り組まれています。「教育内容の充実」では、創意ある教育課程を編成し、児童生徒一人ひとりの能力や可能性を伸ばす教育を推進、また、各種体験学習活動を検討工夫されたり、家庭や地域と学校の連携を密にしてより良い教育環境の整備に努められています。
ホームページ (http://www.city.fujimino.saitama.jp/新しいウィンドウで開きます

写真:学校教育課 指導主事 堀川様

普通教室でも45V型液晶ディスプレイのビジュアルな教材活用で、学習意欲を喚起。生徒の感性を育むツールとしても活躍中。

45V型インフォメーョンディスプレイをパソコン教室や普通教室に設置

ふじみ野市教育委員会様は、進展する国際化、情報化に的確に対応するため、豊かな国際感覚と情報活用能力の育成の一環として、ふじみ野市内の各小・中学校に、シャープ45V型インフォメーションディスプレイを導入されています。インフォメーションディスプレイは、PC教室に加えて普通教室でも利用するため、キャスター付きスタンドで移動でき、また、ビジュアルでイメージを掴みやすい教材の活用により、生徒の集中力を高めた授業を実現。中でも、タッチパネルを活用して、表現力を高めた説明は、わかりやすく楽しいと生徒にも好評です。また、インフォメーションディスプレイは、生徒の学習発表会にも利用され、想像力豊かな子供の感性を育む情報ツールとしても役立っています。

写真:パソコン教室に設備されているインフォメーションディスプレイパソコン教室に設備されている
インフォメーションディスプレイ

写真:インフォメーションディスプレイを活用した授業風景インフォメーションディスプレイを
活用した授業風景

導入時の評価ポイント

  • 教室後方の座席からも見やすい45V型の明るく鮮明な大画面。
  • スムーズに教室間の移動ができるキャスター付きスタンドの大画面液晶ディスプレイ。

システム構成図

導入の経緯

一般教科での情報化を推進し生徒にわかりやすく、楽しい授業に。

写真:大井小学校 堀井先生、増島先生大井小学校 堀井先生と増島先生

普通教室における全教科の情報化を推進するために、無線LANを全校に配置し、学習教材を表示する大型ディスプレイの導入を検討。ディスプレイは画面サイズ、重量、画質、音声などの観点から比較され、特に、生徒の手で、大型ディスプレイの教室間の移動がスムーズに行える「キャスター付きスタンド」が必須条件でした。検討の結果、キャスター付きスタンドを装備し、後方の座席の生徒からも画面が見やすいシャ-プの45V型液晶ディスプレイを採用され、さらに授業の幅を広げるため、操作が簡単なタッチパネルをディスプレイに装備されました。

導入後の感想

大画面の迫力と操作性の良いタッチパネルで生徒の学習意欲もアップ。

写真:総合学習の時間に作成された生徒の作品総合学習の時間に作成された生徒の作品堀川指導主事は、「期待以上に、インフォメーションディスプレイの使用頻度が高い」とおっしゃいます。各学校で豊富な教材ソフトを活用し、視覚に訴える授業を実施。インパクトがあり、わかりやすい授業は生徒にも大変好評で、学習意欲の向上にも貢献しているそうです。また、授業以外にも遠足などの特別活動の発表や安全指導に活躍。取材協力いただいた大井小学校様では、生徒が総合学習の時間に作成したアニメーションをインフォメーションディスプレイを使って発表するなど、タッチパネルを利用して、人前でわかりやすく発表するトレーニングにもなっているそうです。

今後の展開予定

一般授業に加え、学校内のさまざまな活動にも利用を計画中。

今後は教育委員会として、オリジナル教材を作成する研修会や大型ディスプレイを活用した授業運営の勉強会などを実施する予定。例えばインターネットに接続し、気象情報などリアルタイムの映像をディスプレイに映し、生きた教材として活用。また、体育の授業ではデジタルカメラで撮影した模範動作を大型ディスプレイに表示し全員で確認しあうなど、多彩なアイデアが生まれています。教育現場での工夫に富んだ活用方法によってますますインフォメーションディスプレイの幅広い活躍が期待されています。

2007年6月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ