ホーム > 導入事例 > Sky株式会社 様

導入事例

Sky株式会社 様

写真:Sky株式会社様/所在地:東京都港区(東京支社)

Sky株式会社様は、情報家電、モバイル、カーエレクトロニクスなどの民生機器から、デジタル複合機やロボットなどの産業機器向けまで、幅広い分野で組み込み用ソフトウェアの設計・開発・コンサルティングをされています。また、ソリューション事業として、学校向けにICT教育支援や情報セキュリティ向けパッケージソフトウェアの開発・販売などを展開されています。さらに全拠点が主要交通機関に隣接した立地条件であるなど、ユーザー様のニーズにスピーディーに対応できる開発体制を整備されています。
ホームページ (http://www.skygroup.jp/新しいウィンドウで開きます

写真:取締役 村田氏取締役 村田氏

高解像度テレビ会議システムを常時接続。
大画面の65V型インフォメーションディスプレイの臨場感で、離れたオフィスが同じオフィスの様な感覚で、スムーズなコミュニケーションを実現。

写真:大阪本社と常時接続中の65V型インフォメーションディスプレイ(東京支社・オフィス)大阪本社と常時接続中の
65V型インフォメーションディスプレイ
(東京支社・オフィス)
Sky株式会社様は、全国の開発拠点をテレビ会議システムで接続し、必要な場所に必要な技術者を投入し、ユーザーニーズにスピーディーに対応できるネットワークを構築されています。大阪本社と東京支社のオフィスに導入されたシャープの65V型インフォメーションディスプレイは、常時接続の高解像度テレビ会議システムのディスプレイとして活用。大画面・高精細の表示により、他の拠点の社員が同じオフィスに居る感覚で、簡単な伝言から緊急の議題に至るまで、相手の表情を見ながら“立ち会議(打ち合せ)”ができるので、細かいニュアンスも伝わりやすく、スピーディーで、的確な意思疎通が可能になりました。また、本社と支社の会議室にはタッチパネルを搭載した「65V型インタラクティブプレゼンシステム」を導入し、タッチペンを利用し、ホワイトボードとしても活用。大画面・高精細のインフォメーションディスプレイは、テレビ会議を臨場感あふれるリアルな会議に変えるコミュニケーションツールとして活躍しています。

導入時の評価ポイント

  • テレビ会議を臨場感あふれるリアルな会議に変える大画面フルハイビジョン対応の
    65V型液晶ディスプレイ。
  • フロアの電源容量を節約できる低消費電力タイプの液晶ディスプレイ。

システム構成図

導入の経緯

大画面・高画質のディスプレイで、テレビ会議をリアルな会議に。

写真:東京支社・会議室東京支社・会議室

オフィスで活用している常時接続のテレビ会議システムをより臨場感のある会議に変えるために、ディスプレイの大型化へのリプレースを検討。明るいオフィスでも見やすい大画面・高精細・高画質と、今後の機器の増設に備えた本体の消費電力などを考慮して、シャープの65V型インフォメーションディスプレイを採用されました。また、会議室には、タッチパネルとキャスター付きスタンドを装着した「65V型インタラクティブプレゼンシステム」を導入。密度の高い双方向コミュニケーションを実現できるテレビ会議システムを構築されました。

導入後の感想

離れた事業所とのスムーズなコミュニケーションで、業務効率がアップ。

写真:広報部課長 西澤氏広報部課長
西澤氏

「常時接続の高解像度テレビ会議システムに大画面のインフォメーションディスプレイを導入したことで、遠隔地の社員が同じフロアにいるような感覚で、画面に映る相手と自然発生的に打ち合せが行われ、相手の表情を見ながら電話だけでは伝わりにくいニュアンスも伝えられ、コミュニケーションが大変スムーズになりました。その結果、電話も減って、業務効率が上がっています。」と西澤課長は、導入を高く評価されています。また、先進システムの全社的な活用は、先端技術を扱うIT企業として、企業のイメージアップにも貢献しているそうです。

写真:大阪本社のオフィスの様子を映し出しているインフォメーションディスプレイ大阪本社のオフィスの様子を映し出している
インフォメーションディスプレイ

写真:東京支社・オフィス東京支社・オフィス

今後の展開予定

活発な情報交換による結束力の強化と会議資料のペーパーレス化の促進。

今後は、会議室に導入した「65V型インタラクティブプレゼンシステム」を活用し、データ共有による会議資料のペーパーレス化を更に促進されるそうです。また、大画面・高精細液晶ディスプレイと常時接続のテレビ会議システムは、離れて勤務している社員同士に一体感をもたせ、モチベーションアップにもつながるコミュニケーションツールとして、今後ますますの活躍が期待されています。

2007年10月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ