ホーム > 導入事例 > JP日本郵政グループ 様

導入事例

JP日本郵政グループ 様

写真:JP日本郵政グループ様所在地:東京都千代田区

2007年10月1日、日本郵政株式会社、郵便事業株式会社、郵便局株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険の5社からなるJP日本郵政グループが発足されました。「郵便」「銀行」「保険」という異なる3つの事業を、郵便局の窓口ネットワークでつなぎ、「あたらしいふつうをつくる。」をグループスローガンに、「安心感」と「信頼感」を大切にしながら、新しいユニバーサルサービスを創造する企業グループを目指されています。
ホームページ (http://www.japanpost.jp/新しいウィンドウで開きます

写真:郵便局株式会社 マーケティングプロジェクトチーム マネジャー 安立様郵便局株式会社
マーケティングプロジェクトチーム
マネジャー 安立様

郵政事業民営化を象徴する情報発信スペース「POSTAL PLAZA」 で、大画面・高精細の液晶ディスプレイが、新しい企業メッセージの発信に活躍。

2007年10月1日、JP日本郵政グループの誕生にあわせ、日本郵政本社ビル1階に、郵便局をはじめ、ギャラリーやカフェなどを取り入れた“あたらしい価値を創造するあたらしい空間” 「POSTAL PLAZA」がオープンし、多くのお客様が利用されています。シャープの液晶インフォメーションディスプレイは、くつろぎのカフェスペースやショップ、ギャラリーなど、 「POSTAL PLAZA」の各エリアで、46V型から65V型まで、利用シーンに適したモデルが導入されています。インフォメーションディスプレイには、JP日本郵政グループ様のCM「ひとりを愛せる日本へ」が繰り返し流され、大画面・高精細の映像を通じて、新しくスタートしたJP日本郵政グループ様のメッセージを発信するツールとして活躍しています。

写真:ポスタルショップの46V型インフォメーションディスプレイポスタルショップの46V型インフォメーションディスプレイ

写真:ポスタルカフェの65V型インフォメーションディプレイポスタルカフェの65V型インフォメーションディプレイ

導入時の評価ポイント

  • 明るい室内で、離れた場所からも見やすい、大画面、広視野角の液晶ディスプレイ。
  • 店舗で、デジタルサイネージ(電子広告)の活用に期待ができる縦型ディスプレイ。

システム構成図

導入の経緯

新しい企業グループの企業イメージをPRする情報発信ツールの導入を検討。

写真:正面玄関の65V型インタラクティブプレゼンシステム正面玄関の65V型インタラクティブプレゼンシステム

郵政事業民営化によるJP日本郵政グループ発足に合わせ、日本郵政本社ビル1階を全面リニューアルし、 「POSTAL PLAZA」のオープンを計画。グループスローガン「あたらしいふつう」をPRする象徴的なスペースとして活用するため、「POSTAL PLAZA」の各施設に大型ディスプレイの導入を検討。ギャラリー、カフェ、ショップ、受付のそれぞれの利用シーンに適した製品ラインアップや、高精細・高画質、照明の映り込みも少ない点を考慮され、シャープの液晶インフォメーションディスプレイを採用されました。また、表示コンテンツが簡単に作成・配信できるソフトウェア「e-Signage(イーサイネージ)」も合わせて導入されました。

導入後の感想

大画面・高画質の美しく印象的な映像が、効果的なプロモーションを実現。

写真:ギャラリーの46V型インフォメーションディスプレイギャラリーの46V型インフォメーションディスプレイ

「POSTAL PLAZA」の各コーナーでは、大画面・高精細のインフォメーションディスプレイの美しく印象的な映像に目を留めるお客様が多く、CMメッセージが深く伝わっている手応えを感じておられるそうです。また、「POSTAL PLAZA」は、お客様だけでなく、社員にとっても、ディスプレイに表示される映像を通じて、グループ企業としての連帯感やモチベーションを高める効果もあるそうで、安立マネジャーは、「企業のメッセージを発信するツールとしてインフォメーションディスプレイの活躍を期待しています。」とおっしゃっています。

今後の展開予定

「e-Signage(イーサイネージ)」を活用して、コーナーにふさわしいコンテンツを発信。

今後も、グループ4社の取り組みやサービスを、ビジネスや一般のお客様、また、グループ社員にもわかりやすく伝える情報発信ツールとしてインフォメーションディスプレイを活用される予定です。コンテンツ作成・配信ソフトウェアe-Signage(イーサイネージ)を利用して、お客様がくつろぐカフェではストーリー性のあるコンテンツを、ギャラリーでは展示内容に合わせたコンテンツを、ショップでは人目を集めるインパクトのあるコンテンツなど、各コーナーにあわせた内容で、効果的な情報提供を検討されています。

2007年11月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ