ホーム > 導入事例 > 株式会社天満屋アドセンター 様

導入事例

株式会社天満屋アドセンター 様

写真:株式会社天満屋 岡山店様株式会社天満屋 岡山店
所在地:岡山市表町

株式会社天満屋アドセンター様は、中国・四国エリアを代表する百貨店・天満屋グループの店舗や商業施設のデザイン・施工から、地域に密着したマーケティングやセールスプロモーションまで、百貨店で培った商空間作りの経験とマーケティングの発想で、総合的な空間プロデュース企業として幅広く活躍されています。
ホームページ (http://www.ad.tenmaya.co.jp/新しいウィンドウで開きます

写真:取締役 副本部長
田中様

新しい商空間演出ツールとしてインフォメーションディスプレイが活躍。
店内情報のタイムリーな提供でPR効果とお客様サービスがさらに充実。

写真:1Fエレベーターホールのインフォメーションディスプレイ1Fエレベーターホールのインフォメーションディスプレイ天満屋アドセンター様では、「百貨店や商業施設の広告媒体は、ポスター・ポップなどの情報を表示するだけのものから、店舗の状況やマーケティング戦略に応じて、購買に結びつく情報をタイムリーに発信できる大型ディスプレイが主流になる。」と見すえ、大型ディスプレイを新しい商空間のプロデュースに不可欠な情報発信ツールとして採用されました。
シャープのインフォメーションディスプレイは、天満屋・岡山店エレベーターホールで、店内の催しや人気商品情報など、エレベーターの短い待ち時間に合わせてコンパクトにまとめられたタイムリーな情報の表示に活躍。ディスプレイに表示される情報には、コンテンツのデザインや演出など、空間プロデューサーとしての同社の経験が活かされ、PR効果とお客様の視点に立ったサービスの向上を実現されています。

導入時の評価ポイント

  • 明るい店舗で遠くからでもクッキリと見える、低反射の大型・高精細液晶ディスプレイ。
  • 表示コントローラ内蔵の液晶ディスプレイで、映像・情報配信システムの構築が容易。

システム構成図

導入の経緯

明るい店内でも鮮明に表示でき、配信システムが構築できる大型ディスプレイの導入を検討。

写真:天満屋カードのご案内天満屋カードのご案内

新しい広告媒体としての大型ディスプレイには、「ビジュアルで感性に訴える演出で、購買決定力を持つ女性が多く集まる店づくり」をコンセプトに、「百貨店の明るい店内でも鮮明に表示でき、広告コンテンツがリアルに再現できること。表示コンテンツの配信システムが容易に構築できること。」を重視し、比較検討の結果、大型液晶ディスプレイに表示コントローラが内蔵されたインフォメーションディスプレイPN-455Cを採用されました。

導入後の感想

時間帯に合わせた催事のご案内など、お客様にタイムリーな情報提供ができると好評。

写真:催事の告知催事の告知

エレベーター待ちの1~2分の短い間に、お客様の印象に残る広告や、わかりやすい情報を発信すべく、表示コンテンツを厳選。ビジュアルなコンテンツが活用でき、文字情報も鮮明に伝えられるインフォメーションディスプレイならではの特徴を充分に活用されています。特に、人気の高い物産展など催事の告知では、「豊富な情報を時間帯に合わせてタイムリーにお客様に提供できる」と、導入の効果を高く評価されています。

今後の展開予定

視聴覚に訴える映像コンテンツ発信などコンテンツ提供の広がりを計画。

写真:本部第3アカウント・プランニングセールスプロモーションチーム プランナー 赤木様本部第3アカウント・プランニング
セールスプロモーションチーム
プランナー 赤木様

エレベーターホールのコンパクトな情報発信から、ゆったり座れる待ち合わせコーナーでの視聴覚に訴える映像コンテンツ発信まで、今後は設置場所やシチュエーションに応じたコンテンツ提供の広がりを計画。より効果的な顧客誘導ができる店舗空間作りや、ネットワークを使用した各店舗へのより安価なコンテンツ配信も検討されています。また、自然災害時には自治体との協力で災害情報をリアルタイムに提供するなど、お客様に安心して商業施設をご利用いただけるよう、地域に密着した総合的な視野から、インフォメーションディスプレイの活用を検討されています。

2008年1月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ