ホーム > 導入事例 > ロイヤルコントラクトサービス株式会社 様 レストラン「ランドマーク」

導入事例

ロイヤルコントラクトサービス株式会社 様 レストラン「ランドマーク」

写真:セントレスタ株式会社 レストラン「ランドマーク」様レストラン「ランドマーク」様 (日本橋三越本店 新館5F)

(注) この導入事例はセントレスタ株式会社様がロイヤルコントラクトサービス株式会社と合併し、社名を変更される以前に取材した事例です。

セントレスタ株式会社様は、「日本で一番質の高い食&ホスピタリティ」を目指すロイヤルホールディングス株式会社のグループ企業です。三越百貨店内を中心に展開するレストラン「ランドマーク」をはじめ、ファミリーレストラン、専門飲食店、総合給食など、全国各地で飲食事業を展開されています。「セントレスタ」とは、center + restaurant の造語で、“人々の中心となるレストラン”という意味が込められ、明るい雰囲気とバラエティーに富んだ料理を提供されています。
ホームページ (http://www.royal-contract-service.co.jp/新しいウィンドウで開きます

写真:日本橋三越本店 ランドマーク 店長 二瓶様日本橋三越本店 ランドマーク
店長 二瓶様

老舗百貨店内のレストランで、高精細・高画質による多彩なメニュー紹介と入店待ち案内で、お客様へのサービスとホスピタリティの向上に活躍。

写真:レストラン「ランドマーク」のエントランスレストラン「ランドマーク」のエントランスセントレスタ株式会社様が運営される日本橋三越本店のレストラン「ランドマーク」様は、老舗の百貨店にふさわしい落ち着いた雰囲気の中、和洋中・寿司・そば・喫茶メニューを楽しめる総合レストランです。シャープの液晶インフォメーションディスプレイは、開放感あるレストランのエントランスに導入され、色鮮やかな高画質の大画面で、バラエティー豊かなメニュー、店内や調理の様子を表示し、お客様をお迎えしています。また、休日には一日2,000名近いお客様が来店されることから、入店待ち時間とお客様の受付番号を表示し(注)、入店待ちのお客様へのわかりやすくスムーズな案内に役立っています。インフォメーションディスプレイは、多彩なメニュー表示や店内サービスなど、レストランからのメッセージの発信とホスピタリティの向上に活躍しています。

(注) モバイルタウン株式会社のシステム「EPARK」

導入時の評価ポイント

  • 通年営業の長時間運用に適した耐久性と、明るい店内でも見やすい、
    広視野角の液晶ディスプレイ。
  • 多彩なレストランメニューの美味しさや楽しさが伝わる高画質・高精細表示

システム構成図

導入の経緯

入店受付システムの番号案内表示に大画面ディスプレイの導入を検討。

写真:インフォメーションディスプレイと連動させた受付入店システム(EPARK)インフォメーションディスプレイと連動させた受付入店システム(EPARK)三越百貨店とのコラボレーションによるレストランのリニューアル計画の中で、入店受付システムの番号案内や、レストランのコンセプトやメニューを紹介する大型ディスプレイの導入を検討。元旦を除き通年営業されており、長時間運用に欠かせない耐久性、開放感あふれるエントランスにふさわしい大きさと見やすさ、メニューの色彩の再現性やロイヤルグループでの導入実績など、総合的に判断して、シャープのインフォメーションディスプレイを採用されました。

導入後の感想

大画面の見やすく、わかりやすい入店案内が、サービスとホスピタリティの向上に活躍。

インフォメーションディスプレイの大画面による入店案内は、「大きな文字で受付番号表示されるので、とても見やすい。」「目安となる待ち時間が表示されるので、わかりやすくて親切。」など、来店されるお客様に大変好評とのことです。また、ディスプレイに表示される調理風景や季節感あふれるメニュー紹介などが、入店待ちのお客様同士の会話やお客様とスタッフとの話題になるなど、コミュニケーション作りにも役立っています。二瓶店長は、「ショーケースに並ぶメニューサンプルとは違い、料理の温かさや飲み物の冷たさなどがインフォメーションディスプレイでリアルに表現され、提供する多彩なメニューの美味しさや楽しさがお客様に十分に伝わっている。」と、インフォメーションディスプレイの導入を評価されています。

写真:調理風景を表示。調理風景を表示。

写真:人気メニューのひとつ日本橋三越発祥の「お子様ランチ」もビジュアルに紹介。人気メニューのひとつ日本橋三越発祥の
「お子様ランチ」もビジュアルに紹介。

今後の展開予定

季節に応じたメニュー紹介で、より効果的なプロモーションを。

今後は、3ヶ月に1回の季節に応じたメニューの変更に合わせて、コンテンツを更新し、プロモーションを意識した活用を検討中です。また、レストラン「ランドマーク」のモデル店舗として、インフォメーションディスプレイの効果的な活用を試行した後、他のランドマーク店への拡大が期待されています。

2008年1月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ