ホーム > 導入事例 > 株式会社ENEOSウイング 様

導入事例

株式会社ENEOSウイング 様

(紹介事例は、取材時の会社名「鈴与トラックステーション株式会社」様にて掲載しております。)

写真: 鈴与トラックステーション株式会社様甲府東TS所在地:山梨県笛吹市

鈴与トラックステーション株式会社様は、鈴与グループの中核をなすエネルギーの専門商社です。全国約100ヶ所の大型SSを展開する「ガソリンスタンド事業」と、物流業界向けを中心とした「直売事業」を主力に、全国販売ネットワークにより、日本の物流をサポートされています。
ホームページ (http://www.eneos-wing.co.jp/新しいウィンドウで開きます

写真:甲府東TS
所長 渡邊様

インフォメーションディスプレイが、トラックステーションのお客様サービスの向上と鈴与グループのイメージアップに貢献。

写真:甲府東TS・セールスルームの46V型インフォメーションディスプレイ甲府東TS・セールスルームの46V型インフォメーションディスプレイ鈴与トラックステーション株式会社の甲府東TS(トラックステーション)様は、敷地面積1,233坪で、大型トラックの給油スペースも広く、乗用車も12台の同時給油が可能な山梨県最大級の乗用車セルフ・大型軽油フルサービスのスプリット型ガソリンスタンドです。また、県下初の災害対応型スタンドとして貯水タンクや非常用発電機を備え、災害発生時には地域に貢献できる体制を整えています。
シャープの液晶インフォメーションディスプレイは、ホテルのフロントをイメージしたセールスルームに導入。コンテンツ作成・配信ソフトウェア「e-Signage(イーサイネージ)」を活用し、タイヤやオイルなどの油外商品や洗車サービス、優待 サービスが受けられるクレジットカード(スマイルパーソナルカード)や鈴与グループ各社の取扱商品の紹介など、多彩な情報を24時間発信されています。明るく見やすいインフォメーションディスプレイによる映像を交えたスタイリッシュな情報発信により、お客様サービスの向上と油外商品の売上アップに貢献しています。

導入時の評価ポイント

  • 外光や照明の反射による映り込みが少なく、明るい店舗でも画面が見やすい、ASV低反射ブラックTFT液晶ディスプレイ。
  • スタンドアロンからネットワークまで、使用環境にあわせて、コンテンツを配信・表示できるソフトウェア「e-Signage(イーサイネージ)」

システム構成図

導入の経緯

サービスステーションのイメージを一新するスタイリッシュな情報発信ツールの導入を検討。

写真:亀山TS・セールスルームの46V型大画面壁掛け液晶テレビ・AQUOS亀山TS・セールスルームの46V型大画面壁掛け液晶テレビ・AQUOS

サービスステーションの競争が激化する中、鈴与トラックステーション様では、甲府東TSのリニューアルにあたり、他店との差別化を意識した特徴ある店舗づくりを計画。サービスステーションのイメージを一新して、店舗のセールスルームをホテルのフロントのような清潔感あるくつろぎのスペースとし、ポスターに替わる大画面ディスプレイによるスタイリッシュな情報発信を検討。明るい店舗でも映り込みが少なく、くっきり見える点などを考慮し、ASV低反射ブラックTFT液晶のシャープの46V型インフォメーションディスプレイを、また他の8ヶ所のTSにも、46V型大画面壁掛け液晶テレビ・AQUOSを導入されました。さらに、表示コンテンツが簡単に作成・配信できる「e-Signage(イーサイネージ)」も合わせて導入されました。

導入後の感想

お客様との会話が増え、商品の売上アップにも貢献。

写真:浜松西インターTS・セールスルームの46V型大画面壁掛け液晶テレビ・AQUOS浜松西インターTS・セールスルームの46V型大画面壁掛け液晶テレビ・AQUOS

甲府東TS様では、月間延べ約2万台の利用があり、お客様の半数近くがセールスルームを利用し、入口正面のインフォメーションディスプレイをご覧になる方が多いとのことです。所長の渡邊様は、「インフォメーションディスプレイは、ポスターと比べ動きがあるためお客様の目に留まりやすく、画面に映る商品やキャンペーン企画などについて、お客様から声をかけられることが多くなり、コミュニケーションづくりに役立っています。また、広告した商品の注文も多く、店舗の売上アップにもつながっています。」とおっしゃっています。

今後の展開予定

地域に密着したタイムリーな情報発信で、お客様サービスの向上を強化。

今後は、地域のイベント情報などをタイムリーに発信するなど、地域に密着した情報提供を計画されています。また、今後も、店舗の新規オープンやリニューアルを機に、大画面ディスプレイを情報発信ツールとして活用していくほか、USBメモリによる個別配信に替えて、本社から情報を一括配信するなど、運用の効率化も予定されています。さらに、タッチパネルでお客様が気軽に情報を収集できるシステムも合わせて検討されています。トラックステーションのイメージアップに、インフォメーションディスプレイの活躍がますます期待されています。

2008年7月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ