ホーム > 導入事例 > 豊橋商工会議所 様

導入事例

豊橋商工会議所 様

写真:豊橋商工会議所様所在地:愛知県豊橋市

明治26年の創立から110余年の歴史を持つ豊橋商工会議所様は、現在では約6300社の会員を擁し、豊橋市及び東三河地域の産業経済の発展と、豊かで住みよい街づくりのため、企業経営に関する情報提供や講習会・セミナーの開催、貸し会議室の運営など、各種事業を展開されています。また、近隣都市との連携や環境改善事業など、東三河地域の産業全体を視野に入れた、トータルサポート事業を推進されています。
ホームページ (http://www.toyohashi-cci.or.jp/新しいウィンドウで開きます

写真:総務企画部 地域振興課
葉山様

愛知県・豊橋市の商工会議所でインフォメーションディスプレイが、施設案内やイベント案内に活躍。

写真:ロビーの65V型インフォメーションディスプレイロビーの65V型インフォメーションディスプレイ豊橋商工会議所様は、JR豊橋駅を最寄り駅とする市の中心部に位置し、館内は、小会議室から最大250名収容可能な大ホールまで、大小19の会議室を備え、シンポジウムやセミナー、講演・講習会、パーティーなど様々な用途で、年間延べ約4000団体に利用されています。シャープの65V型インフォメーションディスプレイは、エントランスロビーに、施設案内システムとして導入。コンテンツ作成・配信ソフトウェア「e-Signage(イーサイネージ)」を利用し、会議室の案内のほか、商工会議所主催の講習会やセミナー、豊橋市内で開催されるイベントやチケットの斡旋案内など、多彩な情報をビジュアルに発信し、利用者への情報サービスの充実に活躍しています。

導入時の評価ポイント

  • 細かい文字情報も鮮明に表示できるフルスペックハイビジョンの高画質・高精細表示。
  • 施設案内のサンプル画面が豊富に用意され、施設案内のシステムが簡単に実現できる施設案内ソフトウェア

システム構成図

導入の経緯

ロビーにふさわしいスタイリッシュで、多彩な情報発信ができる施設案内システムの導入を検討。

豊橋商工会議所様では、従来の文字表示のみの会議室案内表示機のリプレースに伴い、フルカラーで画像表示も可能な大型ディスプレイへの切換えを検討。細かな文字も鮮明なフルスペックハイビジョン、長時間運用に適した耐久性、低消費電力などを考慮し、シャープの65V型液晶インフォメーションディスプレイを採用されました。また、多彩な表示コンテンツが簡単に作成・掲載できるソフトウェア「e-Signage(イーサイネージ)」と、 Microsoft Excelのデータを利用し、「e-Signage(イーサイネージ)」と組み合わせて会議名や時間などの文字情報を簡単に作成し、自動的に切換え表示ができる施設案内ソフトウェアも合わせて導入されました。

導入後の感想

明るく見やすい会議室案内が好評。掲載内容の変更もスムーズに。

写真:ロビーの65V型インフォメーションディスプレイロビーの65V型インフォメーションディスプレイ地域振興課の葉山様は、「インフォメーションディスプレイは、画面が明るく、内容が見やすいと好評です。商工会議所からのメッセージや、チケットを斡旋する豊橋市のイベント案内など、多彩な情報を会議室の案内と合わせて掲載できるので、来館者の目にとまり、告知効果があります。運用面では、操作が簡単な『e-Signage(イーサイネージ)』を利用するようになってからは、急な内容変更が発生しても、運用担当以外のスタッフでもスピーディに対応できるので、大変便利になりました。」とインフォメーションディスプレイの導入を評価されています。

今後の展開予定

ビジュアルなコンテンツの充実と貸し会議室での利用を検討。

今後は、文字と画像での案内に加えて、イベントの映像を掲載するなど、ビジュアルで、さらにわかりやすいコンテンツの充実を図る予定です。また、貸し会議室でのプレゼンテーションやディスカッションに利用するなど、インフォメーションディスプレイは、利用者サービスの向上に幅広い活用が検討されています。

2009年2月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ