ホーム > 導入事例 > 有限会社 第三楽章 様

導入事例

有限会社 第三楽章 様

写真:有限会社 第三楽章様所在地:大阪府大阪市

有限会社 第三楽章様は、2005年3月に進学教室を開塾し、2007年9月には、時代のニーズに対応した1クラス5名に特化した指導を開始されました。その後、長居本校に加え、沢ノ町校、安立校を開校。手の届く距離で指導にあたるところを特徴とし、学習塾の第一の形である「集団指導」でもなく、第二の形の「個別指導」でもない、「1クラス5名」による独自のスタイル、第三の形で指導に特化することにより、塾生の学力アップを目指されています。
ホームページ (http://www.3gaku.com/index.html新しいウィンドウで開きます

1クラス5名の少人数制の学習塾で、タッチディスプレイが、電子黒板としてわかりやすく、楽しく身につく授業に活躍。

有限会社 第三楽章様が運営される第三学章は、小学生・中学生・高校生を対象とした1クラス5名の少人数制学習塾です。シャープのタッチディスプレイ(PN-L600B)は、長居本校と沢ノ町校の校舎に、電子黒板として導入されています。60V型の高画質・高精細の大画面にテキストやビジュアルでイメージを掴みやすいデータなどを表示し、注目させたいところは画面をデュアルタッチ操作で拡大表示、重要なところは説明しながらペンソフトでマーキングして強調、さらにインターネット情報を表示しながら塾生の情報共有など、塾生の理解力や記憶の定着力を高める豊かな授業が展開されています。タッチディスプレイは、よりわかりやすく、楽しく身につく授業の実現に活躍しています。

写真:長居本校・タッチディスプレイ(PN-L600B)

写真:インターネットにつなぎ、画面に日本地図を表示し、位置を確認。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 高精細の鮮やかな映像表示で、よりわかりやすく、インパクトのある授業ができるフルスペックハイビジョンのタッチディスプレイ。
  • 視野角が広く、どの生徒からも見やすい少人数制クラスにマッチした60V型の大画面ディスプレイ。

システム概要図

図:長居本校と沢ノ町校をインターネット回線で接続

導入のきっかけ

塾の存在意義を追求しつつ、常にわかりやすい授業の実現と他塾との差別化を検討。

テキスト表示に活用写真:ペンソフトのペンの色や太さを変えて、画面にマーキングして表示。

有限会社 第三楽章様では、学校とは違う塾の存在意義を追求され、クラス指導と個別指導のメリットを兼ね備えた少人数ならではの指導に取り組まれる中、より塾生の理解力や記憶の定着力を高めるビジュアルなデータを活用した授業、板書の時間を工夫することで塾生への直接指導に時間を生かせる授業などを検討。効果的な授業運営に電子黒板の導入を決め、テキストやビジュアルデータの高精細表示、60V型の大画面による情報共有、ペンソフトの使いやすさなどを重視され、シャープのタッチディスプレイ(PN-L600B)を電子黒板として採用されました。

導入後の感想

電子黒板を利用した授業は、画面も見やすく、わかりやすいと塾生に好評。

写真:代表取締役
今津大輔様

代表取締役の今津様は、「シャープのタッチディスプレイを電子黒板として利用した授業は、画面も見やすく、ビジュアルでわかりやすいと、受講を楽しみにする塾生がたくさんいます。一方講師サイドでは、電子黒板にテキストを表示し、注目させたいところは画面をタッチして拡大表示、重要なところは説明しながらペンソフトでマーキングして強調するなど授業にメリハリがつけられ、さらに板書時間の短縮にもつながると好評です。また、ホワイトボードでは、画面に記入した内容を都度消すことなくページを送り、必要に応じて前のページに戻れるなど、一度書いた板書を有効に活用できることも高く評価されています。さらに、塾生がわからないことをその場ですぐにインターネットで調べて画面に表示し、他の塾生と情報を共有しながら理解を深められる画面の大きさにも満足しています。長居本校での評価が高かったので、沢ノ町校にも導入しました。」とおっしゃっています。

ホワイトボード(黒板)の活用写真:背景テンプレートの黒板を選択し、馴染みのある画面で授業を実施。

インターネット情報の活用写真:テキスト本文に出てくる塾生が知らない言葉をその場でインターネットで調べて画面に表示。周辺情報を身につけることで、読解力アップを期待。

今後の展開予定

大画面・高画質のディスプレイを生かし、視聴覚教材を取り入れた授業を計画。

個別の進路相談に活用写真:塾生の成績を画面に表示し、情報を共有しながら今後の対策を検討。

今後は、理科の実験や社会の解説DVDを大画面・高画質のタッチディスプレイに表示させるなど、視聴覚教材を効果的に授業に取り入れ、より塾生の理解力の向上を目指される予定です。また、タッチディスプレイを電子黒板として、他の教室や校舎への追加導入を検討されています。

2011年9月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ