ホーム > 導入事例 > BZアドバンス株式会社 様

導入事例

BZアドバンス株式会社 様

写真:BZアドバンス株式会社様本社所在地:福岡県福岡市

BZアドバンス株式会社様は、2007年設立の医療系ソフトウェア開発企業です。医薬品情報管理の視点から生まれた服薬指導支援システムや写真・服薬指導文章付薬袋自動発行システムなどの病院や保険薬局向けシステム、医療経営コンサルティング、医薬品データベースなどの事業を展開されています。人材育成の体制を保持し、確かなセキュリティ管理の元、お客様にハード・ソフトの両面から総合的高度情報サービスを提供されています。
ホームページ (http://www.bzad.co.jp/新しいウィンドウで開きます

大画面・高精細のタッチディスプレイは、テレビ会議や商談時のプレゼンテーション、社内会議など、様々なシーンでフルに活躍。

写真:本社
タッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)
拠点とのテレビ会議のモニターとして活用。

BZアドバンス株式会社様は医療系システムインテグレーターとして、医療の質の向上、患者を主体とした医療サービスの向上、そしてそれらを支える医療機関の経営向上に貢献できるシステムの提案を通じ、日本のヘルスケアの変革を目指されています。
シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)は、テレビ会議のモニターとして、本社と東京支店の会議室に導入し、画面に映し出される相手を等身大に感じることができる、臨場感あふれる会議を実現しています。また、細かな文字情報が多い自社商品をお客様にプレゼンする際は、デュアルタッチ操作(注)で、画面に表示された細かな文字を拡大するなど、わかりやすく、効果的な演出を取り入れた商談をされるなど「BIG PAD」を幅広く活用されています。

(注) Windows®7のみ対応。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 画面に映し出される遠隔地の相手が、等身大に感じられ、スムーズなコミュニケーションが実現できる70v型ワイド液晶ディスプレイ。
  • 明るい居室内でも、細かい文字情報をはっきりと表示できる高精細・高画質のフルスペックハイビジョン対応。

システム概要図

図:本社と東京支店の「BIG PAD」(PN-L702B)をインターネット網を介し接続。

導入のきっかけ

企業のブランディング活動として、視覚的にアピールできるプレゼンのあり方を検討。

プレゼンテーションのモニターとして活用写真:プレゼンテーションで「BIG PAD」(PN-L702B)を活用する様子

BZアドバンス株式会社様は、日頃より企業のブランディングを検討される中、イメージ戦略として、視覚的にアピールすることを重視されています。展示会でシャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)をご覧になり、ビジュアル的にもシンボル的にも様々な活用ができると判断。特に、自社製品をお客様にプレゼンする際に、細かな文字情報を高精細に映し出せる大画面、スタイリッシュなオフィスのインテリアにマッチしたデザインなどを高く評価され、シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)を採用されました。さらに、テレビ会議用モニターとして、東京支店にもタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-702B)を追加導入されました。

導入後の感想

会議やプレゼンに、大画面のタッチディスプレイ「BIG PAD」は、参加者全員の情報共有に大活躍。

写真:メディカル事業部
企画営業部
部長 岩崎様
メディカル事業部 企画営業部 部長 岩崎様は、「資料やビデオなどの検討情報を大画面に表示できるタッチディスプレイ「BIG PAD」は、参加者全員で情報共有が図れ、その場で画面への書き込み、細かなニュアンスも確認しながら会議が進行できるので、大変便利です。また、パソコンのモニターを利用していた従来と比べ、大画面の「BIG PAD」を利用したテレビ会議は、画面に映る相手の表情が読み取れ、お互いの距離を感じさせないスムーズなコミュニケーションに役立っています。一方、お客様へのプレゼンテーションでは、タッチディスプレイ「BIG PAD」は従来のように部屋を暗くする必要がなく、明るい部屋でお客様の表情を確認しながら商談が進められます。さらに、「BIG PAD」の大画面に弊社のシステム画面の細かな文字やラジオボタンまでハッキリと表示し、ほぼ同じ色調に再現できるので、弊社システムを効果的にアピールできるようになりました。」とおっしゃっています。

ホワイトボードとして活用写真:ホワイトボードに検討資料を貼り付け、ペンソフトでマーキングやコメントを記入し、全員で内容を確認。

ホワイトボード(月間予定表)として活用写真:背景テンプレートの月間予定表を選択し、契約後の納品並びに操作指導などのスケジュールを確認。

今後の展開予定

イベント会場では、タッチパネルを利用した商品紹介のプレゼンツールとして活用を検討。

写真:東京支店
タッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)

今後は、他エリアに支店を拡大する際に、ホワイトボードとテレビ会議システムのモニターを兼ねた電子黒板として、タッチディスプレイ「BIG PAD」の追加導入を予定されています。さらに、展示会などのイベント会場では、お客様に自由に画面をタッチしてもらい商品紹介を行う、タッチパネルならではのプレゼンツールとしての活用も検討されています。

2012年5月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ