ホーム > 導入事例 > 国立大学法人 徳島大学 様

導入事例

国立大学法人 徳島大学 様

写真:国立大学法人 徳島大学附属図書館 蔵本分館様所在地:徳島県徳島市

国立大学法人徳島大学様は、1949年に創立し、自主と自律の精神に基づき、真理の探究と知の創造に努め、卓越した学術及び文化を継承し、世界に開かれた大学として、豊かで健全な未来社会実現への貢献を理念・目標とされています。現在は、学部5学部、大学院7教育部と3研究科、専攻科、病院などを運営され、国内外の各機関との連携を進め、有為な人材育成を図り、学術研究を推進することにより、豊かで健全な未来社会の実現に貢献することを目指されています。

国立大学法人 徳島大学ホームページ
http://www.tokushima-u.ac.jp/新しいウィンドウで開きます
徳島大学附属図書館 蔵本分館
http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/kura.shtml新しいウィンドウで開きます

リニューアルオープンした図書館で、タッチディスプレイの館内掲示板が利用者のサービス向上に活躍。

写真:タッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)
(2階ホール)

国立大学法人 徳島大学 蔵本キャンパスにある附属図書館 蔵本分館様は、2012年5月に改修工事を終え、リニューアルオープンされました。学習、研究のサポートといった従来の役割に加え、ディスカッション、グループ学習、ミーティング等ができるスペースを設け、利用者の様々なニーズに応えられる設備を備えています。シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)は、2階フロアに導入され、新図書館の館内案内やイベント告知などに活用されています。さらに、1階と2階には、シャープの42v型インフォメーションディスプレイが設置され、図書館の利用案内に加えて、貸出ランキングやイベント開催等の案内を表示しています。大型液晶ディスプレイは、新しい図書館にふさわしい情報発信ツールとして、利用者のサービス向上に活躍しています。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 明るい館内でも、細かい文字情報をはっきりと表示できる高精細・高画質ディスプレイ。
  • インフォメーションボードやホワイトボード、パソコン画面の表示モニターなど、多様な用途を1台でこなすタッチディスプレイ。

システム概要図

図:タッチディスプレイ「BIG PAD」、インフォメーションディスプレイは、ディスプレイ背面に取り付けたアドバンストコントローラー、サイネージコントローラーを経由して学内LANに接続。コンテンツ制作支援ツール Forte D-Sign、コンテンツ配信・表示システム e-Signage ネットワーク版を利用し、インフォメーションディスプレイにイベント開催等の案内を表示。

導入のきっかけ

新しい設備を備えた図書館にふさわしい大画面ディスプレイの館内掲示板の導入を検討。

国立大学法人 徳島大学附属図書館 蔵本分館様は、図書館のリニューアルに伴い、館内掲示板の新設を検討される際、より効果的な情報発信を目的に、大画面ディスプレイの導入を決定。明るい館内でも見やすく、インパクトのある画面サイズ、そして、必要な情報に素早くアクセスできる操作感などを重視され、シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」を採用されました。さらに、情報発信の強化を図る為に、シャープの42v型インフォメーションディスプレイを追加導入し、コンテンツ配信・表示システム「e-Signage」(イーサイネージ)ネットワーク版とデジタルサイネージ用コンテンツ制作支援ツール「Forte D-signベーシックパッケージ」によりコンテンツの作成・配信・メンテンス管理などがスムーズにできる仕組みを構築されました。

タッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)(2階ホール)

写真:館内案内図を表示し、各部屋をタッチするとその部屋の写真が表示されるようになっています。

写真:館内で実施されるイベントや講習会を告知しています。

導入後の感想

「BIG PAD」の直感的な操作による使い易さが好評で、多用途での活用を期待。

写真:情報部学術情報サービス課 分館利用支援係長 近藤様分館利用支援係長の近藤様は、「大型液晶ディスプレイの導入で、新図書館の利用方法などをスムーズに案内することができました。2階に設置した 『BIG PAD』は、目を留める学生も多く、また、画面をタッチして、更に詳しい情報を確認している姿を見かけます。中には、付属のタッチペンを使って、ホワイトボード機能を試した医学部の学生から、カンファレンスで使いたいとの声もあり、利用者のアイデア次第で幅広いシーンで活用できそうです。一方、42v型インフォメーションディスプレイは、合わせて購入したサイネージソフトを活用しており、コンテンツの更新や配信・管理の簡易性がスタッフに好評です。」とおっしゃっています。

写真:インフォメーションディスプレイ(PN-E421)
(1階ラーニング・コモンズ前)

写真:インフォメーションディスプレイ(PN-E421)
(2階ブラウジングコーナー)

今後の展開予定

館内の情報掲示板としての用途に加え、ホワイトボードとして会議での利用を予定。

今後は、シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」を、図書館の館内案内に加えて、ミーティングルームでの会議やグループ討論会などにホワイトボードやパソコンの画面表示モニターとして貸出を予定されています。さらに、他大学とのテレビ会議や部活動の様子、授業で制作した作品を紹介するモニターとして利用したいといった様々な要望があり、図書館の設備として新しい利用方法を検討されています。

2012年8月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ