ホーム > 導入事例 > 辻本運輸株式会社 様

導入事例

辻本運輸株式会社 様

写真:辻本運輸株式会社様 所在地:奈良県奈良市

辻本運輸株式会社様は、昭和54年に陸送業を創業し、奈良本社を基点に東京支店、九州支店、名古屋ヤード、川崎ヤード、神戸ヤード、さらに、全国の協力会社様とともに、日本全国を対象に、新車・中古車の輸送、オークション会場への車輌輸送などのサービスを展開されています。「確実・迅速・丁寧」をモット-に、ISO9001やISO14001の認証、安全性優良事業所認定の取得と業務効率化の推進など、地球環境に配慮した企業として業務に取り組んでおられます。

ホームページ (http://www.tsuzimoto.co.jp/新しいウィンドウで開きます

詳細な文字データの配車運行一覧表をタッチディスプレイで高精細に表示。急な変更も専用ペンで書き込み、保存。見える化で情報共有と業務効率化を実現。

写真:タッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)2台を並べて壁掛け設置。オフィスのどの席からも詳細な文字の確認が可能。

辻本運輸株式会社様は、大切なお客様の車輌を一台ずつ心をこめて輸送する為に、動態管理システムやMCA無線などの最新設備を導入し、キャリアカーやドライバーの状態を常時把握する情報システム(機器)を整備されています。シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)は、奈良本社の営業部に2台導入され、配車運行一覧表の表示に利用されています。70v型の高精細・高画質の大画面に、パソコンで作成されたデータを日々更新して表示しています。さらに、当日の急な変更や追加などは、その場ですぐに専用ペンで書き込み、情報をスタッフ間で共有、さらに書き込んだデータは業務終了時に保存し、変更履歴として管理されています。「BIG PAD」は業務の見える化ツールとして、日々の情報共有と業務の効率化に活躍しています。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 明るい室内でも、照明を落とすことなく、細かい文字をくっきりと表示できる高精細・高画質ディスプレイ。
  • 表示データの上に専用ペンで書き込みができ、書き込んだデータを保存できる機能。

システム概要図

図:タッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)は奈良本社・営業部に2台導入。パソコンで作成した配車運行一覧表を表示。

導入のきっかけ

大型モニターの導入で、日常業務の効率化を検討。

辻本運輸株式会社様は、「確実・迅速・丁寧」をモットーに、ご希望の期日に確実に車輌をお届けすべく、日々業務に取り組まれています。毎日の配車終了時に行う、翌日の配車運行予定をホワイトボードへ転記する作業は、非常に時間のかかる手作業でした。配車運行を管理する社員の業務負担の軽減を目的として、ホワイトボードに日々記載していた配車運行予定を、大型モニターによるデジタル表示へ変更を検討。詳細な文字データをクリアに表示できる高画質・高精細の大画面、室内の照明を落とすことなく使える点、急な変更対応にも、容易に素早く書き込みできる利便性などを評価され、シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)を2台導入されました。

写真:(以前のオフィス)
ホワイトボードを配車運行一覧表として利用し、毎日、すべての配車が終わってから、翌日の配車内容に手書きで変更していました。

写真:(現在のオフィス)
日中に伝票を元にデータを入力し、配車運行一覧表として完成させ、一日のすべての配車が終わったら、僅かな時間で翌日のデータへ画面を切り替えることが容易にできます。

導入後の感想

業務の大幅な効率化を実現し、また、デジタルのテキスト文字は見やすいとスタッフに好評。

写真:代表取締役
会長 辻本様
配車運行管理の担当者は、「従来は、すべての配車が終了した後で、遅い時は深夜から、翌日対応分の約200枚の伝票を毎日ホワイトボードに手書きし、配車運行一覧表を作成していたので、眠さと疲労の中、間違わずに転載するのにかなりの時間がかかっていました。『BIG PAD』導入後は、日中にデータを作成し、すべての配車が終了した時点で、翌日の配車運行一覧表に表示画面を切り替えるだけなので、一瞬で作業が終了し、早く退勤できるようになりました。また、他のスタッフからは、手書きの文字だと読みにくいという声もありましたが、デジタルのテキスト文字なので離れた席からも見やすいと評判です。」と、導入を大変喜んでおられます。代表取締役 会長の辻本様は、「『BIG PAD』導入後は、業務効率化による人件費の削減に加えて、日々のデータ保存による履歴管理ができるなど、経営管理面でも有効に活用できるようになりました。」とおっしゃっています。

写真:急な変更や追加を専用ペンで、画面に直接書き込み。パソコンの元データを変更することなく、スタッフの誰もが書き込みができ、スピーディーな対応が可能になりました。

今後の展開予定

他拠点の配車運行一覧表も、タッチディスプレイ「BIG PAD」に入れ替えを検討中。

写真:奈良本社・営業部

今後はホワイトボードに手書きで配車運行管理をしている他拠点を、奈良本社・営業部と同様に、タッチディスプレイ「BIG PAD」に置き換えることで、業務の効率化を検討されています。

2012年10月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ