ホーム > 導入事例 > ビー・エム・ダブリュー株式会社 様

導入事例

ビー・エム・ダブリュー株式会社 様

写真:BMW Group アカデミー神戸
所在地:兵庫県神戸市

ビー・エム・ダブリュー株式会社様は、1981年に設立され、車輌の正規輸入に加え、ビー・エム・ダブリュー東京株式会社やビー・エム・ダブリュー大阪株式会社といった大手カーディーラーを直接運営し、さらに、日本全国に約190社の正規ディーラーとネットワークを構築されています。中でも、ビー・エム・ダブリュー東京株式会社におけるBMW車の販売台数は日本国内はもとより、世界的にも最大規模となっています。

ホームページ (http://www.bmw.co.jp/ja/index.html 新しいウィンドウで開きます

大画面・高精細のタッチディスプレイは、セールス・ノンテクニカル・テクニカルのスタッフを対象とした各種研修でフルに活躍。

写真:タッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)研修テキストに専用ペンで重要なポイントを書き込み。

ビー・エム・ダブリュー株式会社様は、社員をはじめ、お取引先であるBMWやMINIを取り扱う正規ディーラーのスタッフを対象に、プロセスや技術的な研修などを実施する施設として、千葉と神戸の2拠点に「BMW Group アカデミー」を構えておられます。お客様サービスと満足度の向上のために、最先端の高度な技術に対応できる知識や技術の習得など、クオリティの高い教育に力を入れておられます。
シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)は、「BMW Group アカデミー神戸」の研修室に3台導入されており、テキストや詳細な図面、プロモーション映像などを高精細・高画質の「BIG PAD」の大画面に映し出し、ビジュアルでインパクトのある、わかりやすい研修に活躍しています。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 照明を消す必要がなく、明るい居室内でも、細かい図面や文字情報をはっきりと表示できる高精細・高画質の大画面。
  • ランプ交換等メンテナンスのコスト削減や手間の軽減。

システム概要図

BMW Group アカデミー神戸の研修室3部屋に、専用フロアスタンドに取り付けたBIG PADと、社内LANに繋がれたタッチディスプレイ用パソコンをそれぞれ設置。

導入のきっかけ

プロジェクターのリプレースに伴い、運用面や研修効果を重視した表示機器の導入を検討。

ホワイトボートとして活用写真:詳しい説明が必要な際は、画面をホワイトボードに切り替え、ペンの色を変えてわかりやすく記載。

ビー・エム・ダブリュー株式会社様は、2006年12月に竣工した研修施設BMW Group アカデミー神戸のプロジェクターのリプレースに伴い、新しい表示機器の導入を検討。メンテナンスの手間やコスト、消費電力量、テクニカルな詳細図面などを鮮明に表示できる画質等を重視され、大型液晶モニターの導入を決定。シャープのタッチディスプレイ「BIG PAD」のデモンストレーションをご覧になり、パソコンの表示モニターとホワイトボードの2役を1台でこなす機能が、研修における幅広い活用に繋がるとの期待から、「BIG PAD」を採用されました。

動画表示モニターとして活用写真:プロモーションビデオやCMなどの動画を70インチの大画面に表示。

研修テキストの表示モニターとして活用写真:4段階調節が可能な専用スタンドの一番上にディスプレイを取り付け、後方の座席に着席された方も見やすいよう工夫。

導入後の感想

ビジュアルな講義運営に「BIG PAD」が活躍し、受講生からも好評。

写真:ディーラー開発ディビジョン BMW Group アカデミー テクニカル・トレーニング・マネジャー
高橋様
ディーラー開発ディビジョン BMW Group アカデミー テクニカル・トレーニング・マネジャーの高橋様は、「弊社ではお客様の満足度向上のために、知識習得やサービス力アップを図るトレーニングコースを充実させています。限られた時間内で、クオリティの高い研修を実施するには、ビジュアルな講義はとても重要であると考え、画像や図面などをふんだんに取り入れたテキストを『BIG PAD』に表示しています。『BIG PAD』は、照明を消さずに画面に表示されたテキストがクリアに見えるので、研修の流れを中断することもなく、手元の資料を確認しながら受講できると研修生からも好評です。また、運用面では、ランプ交換などの手間の軽減やメンテナンスコストの削減に繋がり、大変満足しています。」とおっしゃっています。

今後の展開予定

バージョンアップされたペンソフト機能を生かし、よりわかりやすい研修に。

写真:タッチディスプレイ「BIG PAD」(PN-L702B)

今後は、「BIG PAD」のバージョンアップされたペンソフト機能である、PowerPointスライドショー連携やホワイトボード1/2サイズ機能をフルに活かした、よりビジュアルでわかりやすい研修に取り組まれる予定です。また、近々プロジェクターのリプレースを予定しているBMW Group アカデミー幕張(千葉県)の研修用会議室へも、「BIG PAD」の導入を計画されています。

2013年1月発行

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ