ホーム > 導入事例 > 学校法人 新双葉幼稚園 様

導入事例

学校法人 新双葉幼稚園 様

学校法人 新双葉幼稚園 様所在地:埼玉県ふじみ野市

学校法人 新双葉幼稚園様は、昭和40年4月1日に開園し、現在、約200名の園児が通園しています。「なかよく・あかるく・たくましく」を教育目標に、人や自然とのふれ合いを大切にし、基礎体力づくりを目指した保育を特色とされています。園児一人一人の特性に応じた総合的な指導で、遊びを通じて、心豊かで、たくましい子供の育成に取り組まれています。

ホームページ( http://shinfutaba-kg.jp/ 新しいウィンドウで表示します

高濃度プラズマクラスターイオンが浮遊ウイルスを分解・除去し、園児が安心して遊んで学べる快適な教室空間を実現。

預かり保育教室(プラズマクラスターイオン発生機:IG-840-W) 預かり保育教室
(プラズマクラスターイオン発生機:IG-840-W)

学校法人 新双葉幼稚園様は、定期安全点検・環境衛生検査・園児の健康診断のほか、毎日の環境チェックなど、園児の安全な教育環境に配慮した幼稚園運営をされています。シャープのプラズマクラスターイオン発生機は、教室をはじめ、図書室、講堂、職員室などに導入され、園児や教職員に快適な空気環境を提供しています。高濃度のプラズマクラスターイオンがウイルスやアレル物質などを強力な空中除菌で取り除くことで、園児達は良質の空気環境で過ごしています。プラズマクラスターイオン発生機の導入で、保護者の安心感が高まり、幼稚園のイメージアップに活躍しています。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 浮遊するウイルスを分解・除去し、室内の空気を浄化する空中除菌技術
  • 送風口の安全ネットや角が少ない丸みを帯びたデザインなど、子供にやさしい安全設計

設置概要図及びイオン測定実測値

< プラズマクラスターイオン発生機稼働時(風量【中】運転時) >

(注) それぞれの実際のイオン個数は、お部屋の状況や使い方によって異なります。

設置概要図

  • プラズマクラスターイオン発生機より4m離れた床から1.2mの地点で測定。
  • プラズマクラスターイオン発生機非稼働時の実測値は
    水素のプラスイオン(水素のプラスイオン)  500~700個(MAX1200個)/cm3
    酸素のマイナスイオン(酸素のマイナスイオン) 300~600個(MAX1000個)/cm3

導入のきっかけ

園児の健やかな成長を願い、教室内の空気環境の向上にふさわしい設備として検討。

学校法人 新双葉幼稚園様は、日頃から教室の換気など、教室内の空気環境に配慮されていますが、窓を閉めることが多い季節の空気環境が課題となっていました。自然界に存在するイオンと同じで、公的な試験機関が安全性を確認したプラズマクラスターイオンが浮遊ウイルスやアレル物質を空中除菌する機能に注目され、園内の空気環境を向上させる設備として、シャープのプラズマクラスターイオン発生機を13台導入されました。

導入後の感想

園児の健康管理に対する積極的な取り組みが、幼稚園のイメージアップに貢献。

理事長・園長土屋様理事長・園長
土屋様

理事長兼園長の土屋様は、「プラズマクラスターイオン発生機を導入した部屋の入り口に、『高濃度プラズマクラスターイオン発生中』のポスターを掲示していますが、保護者の関心が高く、質問を頂くようになりました。プラズマクラスターイオン発生機の導入は、幼稚園の快適な教育環境の取り組みへの評価を高め、幼稚園のイメージアップにもつながっています。」とおっしゃっています。

2009年6月発行

導入製品

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ