ホーム > 導入事例 > 株式会社セブン&アイ・ホールディングス 様

導入事例

株式会社セブン&アイ・ホールディングス 様

株式会社セブン&アイ・ホールディングス様本社
所在地:東京都千代田区

株式会社セブン&アイ・ホールディングス様は、コンビニエンスストアから、総合スーパー、百貨店、レストラン、金融、ITサービスなど、多角的な事業で世界15の国と地域に約37,500店舗を展開し、各地域で顧客ニーズに応える商品・サービスを提供する総合流通グループです。

ホームページ(http://www.7andi.com/ 新しいウィンドウで開きます

事業継続マネジメントの一環として、社内の安心・快適な空気環境づくりにプラズマクラスターイオン発生機が活躍。

健康管理センター・エントランス(プラズマクラスターイオン発生機:IG-840-W)健康管理センター・エントランス
(プラズマクラスターイオン発生機:IG-840-W)

株式会社セブン&アイ・ホールディングス様は、時代に先駆けた革新性とグローバルなシナジーパワーで、多様な顧客ニーズに応える「新・総合生活産業」を目指しておられます。事業継続マネジメントの一環として、社内の空気環境に配慮し、本社の健康管理センターをはじめ、臨時の診察室や待合室などにシャープのプラズマクラスターイオン発生機を導入されました。プラズマクラスターイオン発生機は、自然界に存在するイオンと同じ種類で安全性が確認されたプラズマクラスターイオンの放出により、浮遊ウイルスや浮遊菌の作用を抑え(注1)、付着臭を分解・除去するなど、快適な空気環境づくりに活躍しています。

(注1) 1m3のボックス内での実験で実証。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 空気中の浮遊ウイルスの作用を抑制する(注2)高濃度「プラズマクラスター」技術と導入実績。
  • 健康管理センターにふさわしい、清潔感ある白色の落ち着いたデザイン

(注2) 1m3のボックス内での実験で実証。

設置概要図及びイオン測定実測値

< プラズマクラスターイオン発生機稼働時(風量【強】運転時) >

(注) それぞれの実際のイオン個数は、お部屋の状況や使い方によって異なります。

設置概要図

  • プラズマクラスターイオン発生機より4m離れた床から1.2mの地点で測定。
  • プラズマクラスターイオン発生機非稼働時の実測値は
    水素のプラスイオン(水素のプラスイオン)  500~700個(MAX1200個)/cm3
    酸素のマイナスイオン(酸素のマイナスイオン) 300~600個(MAX1000個)/cm3

導入のきっかけ

事業継続マネジメントの一環として、社員の健康管理と空気環境づくりを検討。

健康管理センター・静養室(プラズマクラスターイオン発生機:IG-B100-W)健康管理センター・静養室
(プラズマクラスターイオン発生機:IG-B100-W)

株式会社セブン&アイ・ホールディングス様では、危機管理対策の専門部署を設け、事業継続マネジメントの一環として社員の健康管理に積極的に取り組まれています。社員へのパンフレット配布による健康管理の徹底のほか、健康に影響する空気環境を検討され、自然界に存在するのと同じイオンで安全性も確認された「プラズマクラスター」による浮遊ウイルスの作用の抑制効果と導入実績に着目し、設置・運用・メンテナンスの簡便性や清潔感あるデザインなどを評価され、シャープのプラズマクラスターイオン発生機を導入されました。

導入後の感想

会社としての積極的な取組みと快適な空気環境が、社員に安心感を提供。

総務部 グループ渉外 大規模災害担当リーダー兼保険担当 永春様総務部
グループ渉外
大規模災害担当リーダー
兼保険担当
永春様

総務部 グループ渉外 大規模災害担当リーダーの永春様は、「プラズマクラスターイオン発生機を導入したことにより、危機管理に積極的に取り組む企業としての姿勢を伝えることができ、社員が一層安心感を持てたようです。」と導入を評価されています。また、健康管理センターのスタッフの方は、「ニオイがほとんどしなくなり、空気が爽やかになった気がします。空気環境への配慮で、社員が安心して健康管理センターを利用できると思います。」とおっしゃっています。

2010年3月発行

導入製品

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ