ホーム > 導入事例 > 小林製薬株式会社 様

導入事例

小林製薬株式会社 様

小林製薬株式会社様本社
所在地:大阪府大阪市

小林製薬株式会社様は、1886年の創業以来、医薬品、芳香剤、栄養補助食品(サプリメント)、生活用品、医療機器などの幅広い分野で、創造と革新の精神により、生活者の“あったらいいな”に応える独創的な製品を開発・提供されています。商品名からも使用方法やその効果がわかるように配慮するなど、徹底した顧客志向で、健康で快適な生活の提案に取り組まれています。

ホームページ( http://www.kobayashi.co.jp/ 新しいウィンドウで開きます

健康で快適な生活を提案する製薬会社の来訪者スペースの快適な空気環境の実現にプラズマクラスターイオン発生機が活躍。

本社 9階受付(プラズマクラスターイオン発生機:IG-840-W)本社 9階受付
(プラズマクラスターイオン発生機:IG-840-W)

「“あったらいいな”をカタチにする」をブランドスローガンにする小林製薬株式会社様は、自由な発想とスピーディな開発体制で、独創的な家庭用医薬品や生活用品などを開発し、健康で快適な生活提案をされています。シャープのプラズマクラスターイオン発生機は、本社の受付や役員室、会議室、応接室、フリースペースなど、人が多く集まる場所を中心に約40台導入されています。中でも、受付や応接室へのプラズマクラスターイオン発生機の導入は、お客様の空気環境への配慮として、顧客志向を重視する企業イメージをさらにアップさせています。

導入時、特にご評価頂いたポイント

  • 空気中の浮遊ウイルスの作用の抑制(注1)や付着臭の分解・除去に効果がある高濃度「プラズマクラスター」技術
    (注1) 1m3ボックス内での実験で実証。
  • 白を基調としたオフィスにマッチしたデザインと、すぐに設置・移動が可能な簡便性。

設置概要図及びイオン測定実測値

< プラズマクラスターイオン発生機稼働時(風量【中】運転時) >

(注) それぞれの実際のイオン個数は、お部屋の状況や使い方によって異なります。

設置概要図

  • プラズマクラスターイオン発生機より4m離れた床から1.2mの地点で測定。
  • プラズマクラスターイオン発生機非稼働時の実測値は
    水素のプラスイオン(水素のプラスイオン)  500~700個(MAX1200個)/cm3
    酸素のマイナスイオン(酸素のマイナスイオン) 300~600個(MAX1000個)/cm3

導入のきっかけ

事業継続マネジメントの一環として、新社屋の空気環境を検討。

本社 12階(プラズマクラスターイオン発生機:IG-840-W)本社 12階
(プラズマクラスターイオン発生機:IG-840-W)

小林製薬株式会社様では、事業継続マネジメントの一環として、マスクや除菌用ハンドジェルを社員に配布し、状況に応じて、マスク着用やうがいなどを義務付けるなど、社員の健康管理に積極的に取り組まれています。本社の新社屋移転に伴い、健康に影響する空気環境を検討され、シャープの高濃度「プラズマクラスター」の除菌・浄化力に着目。浮遊ウイルスの作用抑制効果、付着臭の分解・除去、工事が不要で設置・移動ができる経済性と簡便性、白を基調としたオフィスにマッチしたデザインなどを評価され、プラズマクラスターイオン発生機を導入されました。

導入後の感想

安全で快適な空気環境でお客様をお迎えし、企業のイメージアップに活躍。

総務部 総務・株式グループ グループ長 木村様総務部
総務・株式グループ
グループ長
木村様

総務部 総務・株式グループ長の木村様は、「受付や応接室などにプラズマクラスターイオン発生機を導入したことにより、より安心感のある快適な空気環境でお客様をお迎えでき、企業のイメージアップにつながったと思います。また、オフィスでも、昼食後のニオイが気にならなくなり、快適に午後の業務に取りかかれると社員に好評です。今後は、人が多く集まる大会議室などに追加導入を検討しています。」と、おっしゃっています。

2010年3月発行

導入製品

このページのトップへ

お問い合わせ

このページのトップへ