ホーム > 情報ソリューション > ワークフローシステム:Create!Webフロー > 特長

ワークフローシステム:Create!Webフロー(クリエイトウェブフロー)

特長


Create!Webフロー(クリエイトウェブフロー)は、Webブラウザーベースのユーザーインターフェースで、書類と同じ感覚で運用できるワークフローシステムです。申請書の作成や回付ルートの設定も簡単で、ワークフローシステムのスムーズな導入と運用が実現できます。

運用がスムーズなWebブラウザーベースのユーザーインターフェース

  • クライアントのログイン情報を元に、利用可能な申請書が一覧で表示されます。

    画面キャプチャ:申請ドキュメント選択画面利用可能な申請書一覧画面

このページのトップへ

書類と同じ感覚で直感的に操作可能

  • 電子化された申請書の処理も既存の紙ベースの書類と同じ感覚で直感的に操作が行えます。
  • 承認時に自動で印影を押印し、承認処理もわかりやすく確実に行えます。

    画面キャプチャ:稟議書電子フォーム 承認すると自動で押印される。 承認時に印影表示:紙の書類と同じイメージの電子フォーム

このページのトップへ

業務の見える化と効率化を実現するワークフローシステム

  • 回付ルート上のユーザーは、現在の承認者や回付ルート、申請書類の内容が確認でき、申請者・承認者ともに、申請業務の見える化が実現されます。

    画面キャプチャ:回付ルート、承認ルートと承認状況を確認できる承認完了画面。 承認ルート表示

  • 代理承認、合議や承認者の都度指定等、柔軟な承認形態で承認業務を効率化します。
  • 自動計算、自動督促で、計算処理やナンバリング等の入力業務を効率化します。

このページのトップへ

ワークフローシステムの導入を容易にする開発環境

  • 電子フォームは書式設定が簡単で、Microsoft® Excel や Microsoft® Word など既存の書式も変換でき、必要な電子フォームを短期間に開発できます。

    画面キャプチャ:電子フォームを作成するFormエディタ画面。 既存の書式を利用して電子フォーム化

  • 承認ルートはビジュアルなアイコン操作で簡単に設定できます。

    画面キャプチャ:承認ルート設定するルートエディタ画面。 アイコン操作による承認ルート設定

  • 組織の履歴を保存し旧組織での回付も可能など、組織変更に柔軟に対応します。
  • 電子フォームにデータを自動入力して申請処理を起動、承認後他のシステムに自動出力など、システム連携が容易です。

    (注) システム連携機能はオプションです。

    イメージ図:システム連携の例。Create!Webフローで決裁された申請書や稟議書、申請データを任意の共有フォルダに出力すれば、文書管理システムや基幹業務システムとシステム連携ができます。

このページのトップへ

お問い合わせ

お問い合わせ:新しいウィンドウで開きます

ワークフローシステム:Create!Webフローに関しての各種お問い合わせや資料請求をメールにて承ります。

このページのトップへ