ホーム > 情報ソリューション > データセキュリティサービス

データセキュリティサービス

サービス概要

タイトル:データセキュリティサービス あらゆるファイルを暗号化して情報漏洩のリスクを防ぐクラウドサービス

機密データや重要な情報の漏洩は企業にとって非常に影響が大きく、そのリスクへの対策は必要不可欠になっています。データセキュリティサービスはあらゆるファイルを暗号化して管理できるので情報漏洩のリスクを防ぐことができます。

課題

情報の漏洩が心配。手軽にセキュアな環境でデータを管理できないか?

  • CAD図面が他社に流れたようだ。
  • メールに添付したデータの漏洩が怖い。
  • 社員が出張先に持ち出したデータが万一流出したら。

解決へのポイント

あらゆるファイルを暗号化し、さらに暗号化したままの状態でアプリケーションの利用が可能。手軽なクラウドサービスで情報漏洩リスクを軽減できます。

イメージ図:データセキュリティサービスの提供イメージ。弊社独自の運用管理テンプレートで複雑な管理業務も不要です。また、グループやユーザー毎に暗号化・閲覧・更新・印刷・利用できるPC端末の固定などの詳細も可能です。利用者はスタートアップに登録した自分の鍵IDでログインした後は通常業務を行うのみです。暗号化されたファイルは利用者以外の解析は不可能です。鍵IDは利用できるPC端末を固定でき、使用期限で制御もできるため、社員の持ち出し、メールへの添付などで流出してもアクセスできません。

このページのトップへ

製品特長

ポイント1 あらゆるファイルを暗号化できます。
  • ファイル形式に依存しないので、Microsoft Officeファイル、CADファイル、PDFファイル、画像ファイルなどあらゆるファイル形式に対応しています。
  • 名前を変更して保存したファイル、中間ファイルから作成したCADデータファイルなど、その全ての生成ファイルも完全に暗号化できます。
ポイント2 データの2次漏洩を未然に防ぎます。
  • ユーザーへの権限設定により、印刷禁止、メール送付禁止などの制限が設定できます。
  • 利用期限の設定や、利用できるPC端末の固定などが設定できます。
  • ファイル持出し時のオフラインにも対応しています。外出先でサーバーと接続できないオフライン環境でも、期限付きで閲覧・更新をすることができます。
ポイント3 使いやすく、すぐに導入できます。
  • クラウドサービスなのですぐに導入できます。
  • 弊社独自の運用管理テンプレートにより、管理者は複雑な初期設定やログの管理に手間をとりません。
  • 権限のある利用者は、暗号化されたファイルを復号化せず閲覧や編集ができるので、今までの業務に支障を来すことはありません。

このページのトップへ

データセキュリティサービスの活用例

海外での2次流出防御

イメージ図:海外とのファイルのやりとり時には自動暗号化FTPサーバを経由して2次流出を防ぎます。

  • 利用できるPC端末の固定を実施することにより、海外社員が鍵IDと共にファイルを持ち出しても解読できません。
  • ファイルは自動暗号化を設定したFTPサーバーを経由して海外子会社とやり取りします。海外子会社でも、国内でも暗号化したファイルのままで閲覧・編集できます。
  • 中国でも利用申請許可を取得することで利用ができます。
CADの中間ファイルも保護

イメージ図:CADの中間ファイルも解読されないよう暗号化して渡します。

  • STEPやIGESなどのCADの中間ファイルも暗号化して渡せば心配ありません。
  • 渡したCAD中間ファイルのセキュリティも当然守られます。
  • また、それを元に生成したCADファイルも確実に暗号化されます。
  • あらゆるファイルを漏れなく暗号化できます。
社内利用の書面保護

イメージ図:営業マンが持ち出すファイルも暗号化され、紛失しても解読できません。

  • 外出先でファイルの紛失や顧客先で置き忘れても、鍵ID、利用できるPC端末の固定、パスワードで保護されるため大丈夫です。
  • 利用期限を設けたファイルは失効すれば解読不可能になります。 また、遠隔操作で鍵IDを即座に無効化することもできます。
取引先での保護

イメージ図:取引先ごとに鍵IDを設けたり、利用可能PC端末を固定したり、取引先別に細かな設定が可能です。

  • 取引先ごとに暗号化したファイルを用意することで、異なる取引先にファイルを送付してしまっても閲覧・編集できません。
  • 閲覧・編集は暗号化したまま行う為、取引先でファイルの外部流出が発生しても、心配ありません。
  • 取引先で利用できるPC端末を固定したり、利用期限を設けたりする等の細かな設定も可能です。

このページのトップへ

システム基本構成

イメージ図:データセキュリティサービスのシステム基本構成。クラウドサービスのサーバーにフォルダを自動的に暗号化するファイルサーバーとユーザークライアントが接続。

サーバー、管理者用クライアントがクラウドなので、大がかりな環境は不要です。

  • あらかじめユーザークライアントソフトのインストールが必要です。
  • ファイルサーバーにはフォルダ自動暗号化ソフトのインストールが必要です。
◆クライアント推奨条件
Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1

このページのトップへ

ダウンロード

データセキュリティサービスのパンフレットをダウンロードできます。

データセキュリティサービス(PDF:0.98MB)新しいウィンドウを開きます 2016年9月掲載

このページのトップへ

お問い合わせ:新しいウィンドウで開きます

データセキュリティサービスに関しての各種お問い合わせや資料請求をメールにて承ります。

このページのトップへ

  • データセキュリティサービスはDataClasysを採用しています。
  • DataClasysは株式会社ネスコの登録商標です。
  • Windows、Windows Vistaは、米国Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。