ホーム > ドキュメントソリューション > オフィス最適化配置提案

オフィス最適化配置提案

ソリューション概要

イメージ:オフィス快適化配置提案

コピー、FAX、プリンタと長年にわたり追加導入されオフィスの各所に配置されたオフィス機器は、誰にどのように利用されているのか、機器毎の利用状況に偏りはないか…など、今一度、有効活用の視点から見直すことで、ドキュメント環境を現状のビジネススタイルにあわせていくことが必要です。

シャープは、ドキュメントボリュームに合わせた機器の適正導入や利用状況を考慮した適正配置と同時に、セキュリティ対策や各種効率化ソリューションなどを組み合わせ、お客様のオフィスニーズに即したドキュメント環境の最適化をご提案いたします。

課題

出力機器が増えてしまい、機能やコストに無駄が発生している

  • 出力機器により利用状況のバランスが悪く、待ち時間が発生。
  • 出力機器のトータルコストが把握できていない。
  • 出力機器が必要以上に多く、無駄な電力や紙の消費が発生している。
  • 毎月のプリントコストを削減したい。
  • 出力機器に関する運用基準が統一化されておらず、セキュリティリスクが発生している。

解決へのポイント

現状分析を踏まえ、既存のドキュメント機器からシャープデジタル複合機への最適再配置を行うことで、コスト管理・業務効率化を実現します。

出力環境最適化診断

オフィス内の複合機やプリンタをより効率的に有効活用するためにはノウハウが必要です。シャープではお客様の現状のオフィス環境とニーズに合わせ、ドキュメント環境のもつ能力を最大限に引き出すためのノウハウをご提供いたします。

このページのトップへ

お問い合わせ

お問い合わせ:新しいウィンドウで開きます

オフィス最適化配置提案に関しての各種お問い合わせや資料請求をメールにて承ります。

このページのトップへ