ホーム > ドキュメントソリューション > シャープパワーネットシステム

シャープパワーネットシステム

ソリューション概要

タイトル:シャープパワーネットシステム

複合機の状態を、遠隔で監視・診断。タイムリーなサービスとメンテナンスで、より快適な使用環境をご提供します。

FAXまたはインターネット回線を利用し、デジタル複合機の状態を定期的に、監視・診断します。これによりトナーをはじめとする消耗品のタイムリーな供給などが可能になります。また、万一のトラブルの際も、状態の把握に役立ちますので、より迅速な対応、ダウンタイムの軽減につながります。

「シャープパワーネットシステム」について詳しく知りたい方

システム概要

カウンターの検針データなどの定期情報から、トナーオーダー、紙づまりなどのトラブル情報まで、お客様がお使いのデジタル複合機の状況を、通信回線を通じてカスタマーセンターに通知します。スムーズな状況把握が行えるので、より迅速、かつ的確な処置を行うことが可能です。

システム概要図図:シャープパワーネットシステムは、複合機から通知されたトラブル情報、トナーオーダー情報などを受け、トラブル対応やトナー配送をいたします。また、必要に応じて複合機の状況を把握の上、修理訪問をいたします。

このページのトップへ

特長

タイムリーなトナー補給を実現

トナーの残量情報も常に通知されるので、トナーが無くなる前に、お届けすることができます。

万一のダウンタイムを短縮

万一のトラブルにもスピーディーに対応。ビジネスタイムのロスを極力軽減します。「いつも快適にデジタル複合機をご利用いただく」そのための、サポート体制を整えています。

面倒な配線工事は不要

お客様がすでにFAX回線、またはインターネットの常時接続をご利用されていれば、新たな配線工事は不要でシステムの導入が可能です。(設置環境により接続できない場合がございます。)

より高度なセキュリティ設定

1.安心してご利用になれるよう、接続する通信方式にあわせて、適切なセキュリティ設定を実施しています。
インターネット接続(HTTP式)でのセキュリティについて
複合機とシャープパワーネットシステム(以下SPN)間の通信はSSL方式を採用しています。
SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で安全に情報をやりとりする為に使用するプロトコルです。複合機とSPN間で相互認証を行い通信を暗号化することでセキュリティの高い通信を実現します。また、通信起動は、複合機本体より行います。(SPNから通信起動を行う事はありません)

図:インターネットにより、お客様の複合機とシャープのWebサーバー間で通信する場合は、SSLでデータを暗号化し、通信します。さらにファイアウォールなど適切なセキュリティ設定を実施しています。

公衆回線接続(FAX方式)でのセキュリティについて
シャープパワーネットシステム設定時、複合機より通信を起動し、SPNサーバーよりコールバックすることで複合機を特定し、複合機、SPNサーバー間で相互認証を行います。以降、相互認証完了したもののみで通信可能となります。また、データはAES方式で暗号化しております。

図:公衆回線網によりお客様の複合機とシャープパワーネットシステム間で通信する場合は、初期設定時に相互認証を行い、相互認証完了の機器とのみ通信可能になります。

2.取得情報について

取得する情報は、複合機を保守管理するために必要な情報のみです。当システムは、お客様がスキャニング、プリント出力、コピーあるいはファイリング等により複合機へ保存したデータへはアクセスできません。

3.取得情報の管理について

SPNに蓄積されたデータは、登録された担当者のみがアクセスできるようにしています。また、SPNは外部からの不正アクセスを防止するため、ファイアウォールなど設定を行っています。

  • 詳しい内容につきましては、お買い求めの販売店または営業担当までお問い合わせください。
  • シャープ複合機におけるセキュリティへの脅威に対する取り組みにつきましては、下記ページをご参照ください。

このページのトップへ

お問い合わせ

ご契約前のご質問・資料請求をお受けします。

お問い合わせ・資料請求:新しいウィンドウで開きます

このページのトップへ

このページの先頭に戻る