ホーム > イベント・セミナー > 徹底考察 生き残る企業の戦略とシステム

イベント・セミナーのご案内

【東京】2015年8月21日(金)

展示会

セミナー

徹底考察
生き残る企業の戦略とシステム

IoTがもたらす光と影(新・産業革命の波)

IoT(Internet of Things)(注1)とはモノのインターネットと呼ばれており、最近よく使われるようになってきた言葉です。IoTとは、あらゆるデバイス(自動車、機械、家電、端末などセンサーを内蔵する機器類)がインターネットに接続されることで、そのデータを活用してこれまでに無い新しいサービス、ビジネスモデルが生まれるという考え方です。その経済効果は、2020年に全世界で200兆円、国内で20兆円を超えると予測されています。ドイツ、米国ではその取り組みが先行しており、日本政府や日本企業は後塵(こうじん)を拝しています。

本セミナーでは、ドイツや米国の取組みをご説明するとともに、日本が取り組むべき課題と生き残り戦略について考察します。

(注1)モノのインターネット(Internet of Things)は、一意に識別可能な「もの」がインターネット/クラウドに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組み。

開催概要

日程 2015年8月21日(金)14時00分 - 16時40分(受付開始 13時45分)
申込締切日 2015年8月20日(木)17:00
会場 シャープ株式会社 東京支社
東京都港区芝浦1丁目2番3号 シーバンスS館
主催 シャープビジネスソリューション株式会社
共催 株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ
参加費 無料
定員 30名
事前登録制です。定員等の理由により、お申し込みをお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
お問合せ先 シャープビジネスソリューション株式会社
ITソリューション事業統轄部 第三営業部 セミナー事務局
TEL:03-5446-8362 電話受付時間:9:00~17:00(土日祝日などの弊社休業日を除く)

セミナープログラム

時間 内容
14:00 - 14:10 開催のご挨拶
14:10 - 15:00 【基調講演】
IoTの本質をドイツと米国の取組みから考察する
~先行する企業に学ぶ、生き残る企業の戦略とシステム~
IoTの経済効果は、国内で20兆円を超えると予測されています。しかし、その恩恵を得られる企業はIoTに対応した仕組みと新しいビジネスモデルに対応する必要があります。ドイツのインダストリー4.0(注2)、米国のインダストリアル・インターネット(注3)の背景と狙いをひもとくとともに、IoTの先行事例から生き残る企業の戦略とそのシステムについてご紹介します。 株式会社フロンティアワン 代表取締役 鍋野敬一郎
15:00 - 15:10 休憩
15:10- 15:50 【セッション1】
SAPの次世代ソリューションと海外展開事例
SAP Business Suiteの後継である「S/4HANA」が発表されました。モノのインターネットやビッグデータの普及促進にも寄与できる新たなテクノロジーの登場で、基幹システムの概念が大きく変わります。本セッションでは最新技術の概要をお伝えする他、SAPクラウドサービスの活用で海外展開に成功した事例についてもご紹介します。 株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ 自動車・製造事業部 第一統括部
部長 新垣信仁
15:50- 16:30 【セッション2】
AWSの最新動向と有効活用の勘所

Amazon Web Serviceが日本国内で利用される様になって数年が経過し、サービス内容も日々進化しています。本セッションでは、ビックデータの解析ができるRedshiftや最新技術を駆使したAurora(オーロラ)・Lambda(ラムダ)等をご紹介するとともに、AWSを有効活用する勘所をユーザー事例を交えご説明します。

シャープビジネスソリューション株式会社 ICT統轄クラウドサービス営業部
谷宮悠介
16:30 - 16:40 質疑応答

(注2)インダストリー4.0 (Industrie4.0)は、生産工程のデジタル化・自動化・バーチャル化のレベルを現在よりも大幅に高めることにより、コストの極小化を目指し、スマート工場つまり「自ら考える工場」を開発しようとするドイツの産官学一体のプロジェクト。

(注3)インダストリアル・インターネットは、産業のインターネットとも呼ばれ製造業だけではなく、エネルギー、ヘルスケア、製造業、公共、運輸の5つの領域を対象としています。アメリカの企業を中心にコンソーシアムでの活動が拡がっています。

【基調講演講師プロフィール】

鍋野 敬一郎 氏

株式会社フロンティアワン代表取締役

IVI(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ)会員

1989年 同志社大学工学部化学工学科卒業

1989年 米国大手総合化学会社デュポン社の日本法人へ入社。農業用製品事業部に所属し営業、マーケティング、テクニカルサポートなどを担当。

1998年 ドイツ大手ソフトウェアSAP社の日本法人に転職。マーケティング・広報、インダストリー・コンサルタントを経験。アライアンス本部にて戦略担当マネージャとして短期導入テンプレート「SAP Business All-in-One」ビジネスの立ち上げを行った。

2003年 SAPジャパンを退社し、コンサルタントとしてERPの導入支援・提案活動に従事。

2005年 独立して株式会社フロンティアワン設立。現在は業務系(組立工場、化学プラントなどの業務知識・経験)、基幹系(ERP/SCMなど)、クラウド(SFDCなど)の調査・企画・開発・導入の支援に携わる。

  • セミナープログラムは、都合により変更になる場合がございますので予めご了承ください。
  • 会社名、製品名等の固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本セミナーは終了致しました。
多数の皆様のご来場を賜り、ありがとうございました。なお、本セミナーや製品に関するお問い合わせ、資料請求は、引き続き承ります。

お問い合わせページへ新しいウィンドウで開きます。

このページのトップへ