シャープブースへ多数の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

写真レポートはこちら新しいウィンドウで開きます

第9回教育ITソリューションEXPO(EDIX)に出展します。日程は5月16日(水)から18日(金)です。

場所は東京ビッグサイトです。

「深い学び」をトータルに支援する、シャープの教育ソリューション

シャープだからできること。それは、電子黒板などのハードウェアと、これからの学びを支援する教育用ソフトウェアやAI (人工知能)とIoT(モノのインターネット)を組み合わせたAIoT技術で、最適な教育ソリューションをトータルでご提供し、子どもたちのもつ可能性を拡げることです。シャープの教育ソリューションは、協働学習や遠隔学習、双方向学習、一斉授業など、教育の様々な場面において、今後必要となる新たな学習スタイルを実現することで、主体的・対話的で深い学びを支援します。

シャープ株式会社ニュースリリースはこちら新しいウィンドウで開きます

会場見取り図:シャープブースは2階ブース番号24-76です。

2階 西4ホール ICT機器ゾーン「ブース番号 24-76」でお待ちしています。
今年も数々のセミナーと公演を企画しています。ぜひご来場ください。
無料招待券の申し込みはこちら新しいウィンドウで開きます

主な展示内容

BIG PAD Campus / BIG PADシリーズ

学校現場に特化した BIG PAD Campusシリーズは、60V型、65V型、70V型、80V型と幅広いラインアップをご用意。ブースでは、ダイレクトボンディングで自然な書き味を実現した70V型と、教室で使われることの多い65V型を展示します。授業中によく使う機能を配置した前面ボタンなど、実際に触れて、ご体験ください!さらに、BIG PADシリーズとして、圧倒的な高精細・高感度の4Kモデルと、グループ討議に活用できる40V型、50V型のミドルサイズモデルも展示します。

各種サイズを取りそろえた、電子黒板「BIG PAD」

8K教育ソリューション コンテンツビューア

教育用途向け8Kコンテンツビューアを展示します。美術作品などの高解像度データを拡大し、作品の質感や製作者の緻密な作業など、今まで気付かなかったことを発見することで、学びを深めることができます。また、クラウド型Web会議サービス「TeleOffice」を使い、遠隔地と活発なコミュニケーション活動につなげるなど、双方向遠隔授業を提案します。(NHKエデュケーショナル様との共同展示です)

8K画像は細部を拡大しても高精細です。

統合型学習アプリケーション「Brain+」

英英辞典を新たに搭載し、バージョンアップした統合型学習アプリケーション「Brain+(ブレーンプラス)」を展示します。(iPad版/Windows版)複数の辞書を横断して一度で検索できる「一括検索」など、実際にお手に取ってお試しください!

Brain+のイメージ図

表現・協働学習支援ツール「STUDYNOTE 10」

子ども主体の活動から先生主導の学びまで、より多彩な学びの環境に活用できる「STUDYNOTE 10」を展示します。新学習指導要領の深い学びに対応したグループワーク機能では、子ども達同士で、学びあい、一つのノートに考えをまとめ、みんなに発表。また、先生は、授業履歴を個別指導に役立てることができます。ぜひ、「STUDYNOTE 10」をご覧ください。

interactiveStudyのイメージ図

個別学習支援システム「インタラクティブスタディ」

子ども一人ひとりが自分に合った学習ができ、「わかった!」を実感できる個別学習支援システムを展示します。クラウドでの提供により、どこからでも学習が可能になりました。先生は子ども達の学習履歴を個別指導に役立てることができます。また、学年や単元を越えて学習できる「学びの道しるべ」も展示します。

interactiveStudyのイメージ図

プログラミング学習「RoBoHoN×Scratch」

ロボホンと「Scratch(スクラッチ)」を使って、プログラミング学習ができます。子どもたちが「作りたい」と考えた事を具現化することで、プログラミング的思考を学ぶことができます。協働学習支援ツールの「STUDYNOTE」の掲示板と連携することで対話的な学びも可能です!「Scratch」はMITメディアラボのLifelong Kindergartenグループによって開発されたプログラミング言語です。

ロボホンイメージ図

実践事例セミナー/講演スケジュール

場所:シャープブース ステージ

スケジュール表の凡例
16日(水) 17日(木) 18日(金)
10:00
ここまでできる!電子黒板BIG PAD Campusの活用
  ロボホン×スクラッチ×スタディノートで、ココロ、動くプログラミング体験!
11:00
 
       
12:00 つくば7C学習を実現する創造的ICT活用つくば市立みどりの学園義務教育学校
教諭
内田 卓氏
RoBoHoNとプログラミング教育岡山県総合教育センター
指導主事
浅野 雄一氏
深い学びの実現に向けたICT環境整備、 できていますか?園田学園女子大学
教授
堀田 博史氏
  深い学びをトータルに支援する、シャープの教育ソリューション
(コンセプトムービー)
 
13:00 英検準一級も取得!KINTRと英語力向上佐賀県立武雄青陵中学校
教務部長
中田 浩氏
 
  表現して、協働する、タブレット授業を体験しよう!
~ STUDYNOTE 10体験セミナー ~
14:00
 
  深い学びをトータルに支援する、シャープの教育ソリューション( コンセプトムービー)
15:00 21世紀型スキルを育成する先進的ICT教育の推進つくば市総合教育研究所
指導主事
中村 めぐみ氏
AI、って何? ロボホンと生きる東京都小金井市前原小学校
校長
松田 孝氏
学習記録データが語る子どもたちの学びの成果信州大学 教育学部附属 次世代型学び研究開発センター
教授
東原 義訓氏
 
16:00      
  ここまでできる!電子黒板BIG PAD Campusの活用
       
17:00 ○○でなくてもできる!ICT/AL教育の導入星美学園中学校高等学校
国語科教諭
島崎 冬彦氏
電子教科書アプリを活用した学びのご提案大学生協 東京事業連合 DECS事業推進課
次長
齋藤 重人氏
ICTがもたらす主体性日本大学三島高校・中学校
教諭
大川 幸祐氏
 
  ロボホン×スクラッチ×スタディノートで、ココロ、動くプログラミング体験!
 
18:00      

テーマ別の体験型展示コーナー

シャープブース内の各展示コーナー配置図

①BIG PADゾーン

学校教室に最適な電子黒板BIG PAD Campusに加え、高精細の4Kモデル、グループミーティングでご活用いただけるミドルサイズモデルのBIG PADを展示します。

②学習アプリゾーン

辞書や参考書を活用しICT教育をサポートする「Brain+」と、英検学習をサポートする「KINTR 英検®合格コース」(Supported by 旺文社)を実機で体験いただけます。また、大学生協様が「DECS(注)計画」のもと推進する電子書籍事業による大学教育改革の取り組みもご覧ください。
(注)DECSはDigital Educational Contents Supportの略称です。

③STUDYゾーン(小中学校教育)

普通教室での電子黒板とタブレット端末の活用による子どもたちの協働学習、個別学習、一斉学習を実現するための最適なソリューションを展示します。

④RoBoHoNゾーン(プログラミング教育)

Scratch(スクラッチ)のプログラムでロボホンが動作することで、子どもたちが「作りたい」と考えたことを実現します。プログラミングで人や社会に役に立つロボホンの活躍をご覧ください。

⑤8K教育ゾーン(参考出品)

授業での美術作品鑑賞などにご活用いただける教育用途向け8Kコンテンツビューアを参考出品します。美術作品などの高解像度データを自由に拡大し作品の質感や製作者の緻密な作業など、今までにない発見ができる新たな学びをご提案いたします。また、遠隔地を結んだ双方向型授業への活用を提案します。
(NHKエデュケーショナル様との共同展示)

  • ロボホン、Robohon、RoBoHoNロゴ、BIG PAD、Brain+は、シャープ株式会社の登録商標です。その他記載されている商品名は各社の商標または登録商標です。
  • 「スタディシリーズ」は、故・中山和彦、東原義訓、余田義彦、山野井一夫 各先生の教育におけるコンピューター利用の研究・実践の成果を盛り込み、シャープマーケティングジャパン株式会社が先生方と共同で開発した教育用基本ソフトウェアです。