ホーム > パブリックソリューション > 児童家庭相談システム

児童家庭相談システム

システム概要

タイトル:こどもたちを見守る 「児童家庭相談システム」

児童家庭相談システムは、職員の相談情報管理、書類作成の負荷を軽減し、相談・カウンセリングなどのコア業務に注力していただくことを目的とした、実績豊富な自治体向けソリューションです。

児童家庭相談システムとは?

児童家庭相談システム 紹介動画(ダイジェスト版:3分39秒)

(注)完全版の閲覧には申し込みが必要です。ボタンをクリックすると、申し込み用ウィンドウが開きます。

完全版閲覧の申し込み新しいウィンドウで開きます

このページのトップへ

児童家庭相談システムの3大ポイント

①直感的に操作できる、親しみやすいデザインを採用!

パソコン操作のニガテな方にもスムーズにお使いいただけます。入力支援機能も豊富で、最小限の操作で登録が行えます。 デザインは3種類から選べ、お好みのデザインでご利用いただけます。


②実務者会議資料も統計資料も簡単操作で作成!

資料はボタン一つで出力できます。Excel形式での帳票出力により、プレビュー後の印刷や文字の追記・編集をすることができます。福祉行政報告例のスピーディーな出力で書類作成の負荷を軽減します。


③強力な検索機能を搭載!

児童や相談情報の詳細な複合検索はもちろん、経過記録などを含めた全文検索も可能です。あいまいな記憶からのフリーワード検索や登録した資料の中身も検索できます。また、サジェスト機能により入力途中に検索候補を表示し、検索の手間を軽減します。

このページのトップへ

児童家庭相談システムのオプション機能について

住民基本台帳データ連携

  • 住民基本台帳との連携により、対象の児童・家族の情報をまとめて取り込めます。
  • 対象の世帯に異動があった場合は、お知らせ通知されます。

婦人相談、ひとり親相談

  • DV被害等の婦人相談やひとり親世帯の相談も児童相談と同じシステムで一元管理できます。
  • 統計帳票も出力できます。

このページのトップへ

児童家庭相談システムの導入効果

作業負荷軽減

  • 情報や添付資料の一元化と共有化により、精度の高い情報管理ができます。
  • 実務者会議資料や福祉行政報告例のスピーディーな出力で書類作成の負荷を軽減します。

児童家庭相談に関わる一連の作業記録を一元管理。

時間効率改善

  • 行動実績やスケジュール管理により、効率よく援助業務を行うことができます。
  • 全文検索などの豊富な検索機能により、必要な資料を探す手間を軽減します。
  • 入力途中の検索候補表示により、あいまいな記憶でも検索することができます。

スケジュール管理画面

意思決定迅速化

  • ケース進行管理表や会議資料の出力により、会議での意思決定を支援します。
  • 専用端末が不要のため、既存パソコンを会議の席に持ち込んで利用できます。
  • 相談全般の傾向や統計分析を画面で確認できるため、相談室の方針決定を支援します。

セキュリティ確保

  • 権限設定可能なIDとパスワードによるユーザー認証を行います。
  • クライアント端末にデータを保持しないWebアプリケーションです。
  • 管理者は利用ユーザーのログ(閲覧・登録・出力など)を確認することができます。

「閲覧」「編集」「帳票出力」「メンテナンス」など、実行可能な操作はユーザーに設定された権限に依存します。

このページのトップへ

お問い合わせ

お問い合わせフォームへ:新しいウィンドウで開きます

児童家庭相談システムに関しての各種お問い合わせや資料請求をメールにて承ります。

このページのトップへ