ホーム > 情報ソリューション > サービスID情報管理システム Meeno(ミーノ)

サービスID情報管理システム Meeno(ミーノ)

システム概要

サービスID情報管理システムMeeno(ミーノ)。「Meeno(ミーノ)」とは、個人の権利を管理するシステム「私(me)+の(no)」権利、という意味。「いつも私のように持ち歩いてもらいたい」という思いを込めています。

さまざまなID管理と認証が1枚のICカードで管理。

「Meeno」は、さまざまなフィールドで簡単に安心・安全な認証環境を提供するミドルウェアです。

入退室・出欠・就業・設備管理・公共施設利用や図書館利用などの住民サービス・ポイント管理システム等を1枚のICカードに集約し、セクトラルモデルを採用したID管理と認証環境です。

  • 「Meeno」は、サービスごとに異なる複数のID(サービスID)をひとまとめにできるため、管理を簡略化できるほか、後からのサービス追加が容易です。
  • 「Meeno」は、サービスIDをひとつの識別子で管理するミドルウェアであり、利用者のID情報を管理する手間を軽減できます。
  • 従来の方式では、サービスを追加する場合はカードを回収してID情報を新たに書き込む必要がありました。「Meeno」の場合、チップには複数のIDを束ねる識別子情報のみを格納しており、カードを回収してID情報を新たに書き込む必要はありません。

    (注)Meenoカードの発行後、既存サービスのIDとの紐付けを行うには、カードの回収が必要な場合があります。

  • 認証のセキュリティレベルを管理対象別に設定できます。

    サービス毎にWeb認証や、ICカードリーダーでの読み取り、特定機器からの接続、特定組織の人からのアクセスなど、いろいろなアクセス方法やアクセス権限を設定できます。

  • サーバーを介さず、ICカード内の権限の委譲・貸借・委任ができます。

  • 認証環境は、サービスIDの演算生成機能・更新機能により、安心・安全に提供できます。

このページのトップへ

統合認証基盤でつながる街・魅力ある社会。Meenoは多方面で利用可能。

自治体、大学、医療機関、企業などでMeenoを利用できます。

自治体

  • 住民サービス
  • 災害時の安否確認
  • 見守りサービス(児童・高齢者)
  • 緊急時の本人既往症・投薬確認
医療機関

  • 診察券
  • お薬手帳
  • 保管庫の施錠管理
マンション

  • 住民の入館管理・ルームキー
  • 駐車場入出庫管理
  • 集会室などの共用施設の利用管理
  • 宅配ボックスサービス
大学

  • 学生証や職員証
  • 出欠管理
  • 施設の予約
  • 入退室管理
  • 食堂や売店での支払い
企業

  • 勤怠管理
  • 事業所入館管理
  • データアクセス権限の管理
  • 食堂の利用

このページのトップへ

セクトラルモデルとは

セパレートモデル、フラットモデルと並ぶID付番方式のひとつ。セパレートモデルの場合、利用者はサービス毎に割り振られたIDで認証を受けます。フラットモデルの場合、利用者は1つのIDで複数のサービスの認証を受けます。セクトラルモデルの場合、利用者は基本となるIDよりサービス毎に生成されるIDで認証を受けます。マイナンバー制度における情報連携基盤において、セクトラルモデルによるID付番方式が採用されています。

このページのトップへ

お問い合わせ

お問い合わせ:新しいウィンドウで開きます

サービスID情報管理システム Meeno(ミーノ)に関しての各種お問い合わせや資料請求を承ります。

このページのトップへ