ホーム > ドキュメントソリューション > 複合機便利機能 > FAX機能 > ファクス受信データのネットワーク転送

複合機便利機能

FAX機能

ファクス受信データのネットワーク転送

不要な広告・宣伝FAXのプリントを減らしたい。

コスト削減地球環境配慮

不要な広告・宣伝FAXのプリントを減らしたい。

FAX受信のペーパーレス化でコストを削減し業務効率を上げる

FAXの受信データを、E-mail、FTPサーバ、指定したフォルダ、共有フォルダなどネットワーク上のアドレスに自動的に転送することができます。
これにより、受信データの内容をプリントアウトせずに確認したり、外出先で確認したりすることができます。

図:ファクス受信データのネットワーク転送

 (注) Network Scanner Toolまたは、ネットワークスキャナツールLite新しいウィンドウで開きます のインストールが必要です。

これらは、MX-6540FN、MX-5000/4100/3600シリーズ、MX-5111FN/5110FN/4111FN/4110FN、
MX-3640FN/3140FN/2640FN、MX-3610FN/3110FN/2610FN、MX-3611F、MX-3111F、
MX-3100/2600シリーズ(FGモデルはオプション対応)、MX-2310F、MX-C381/C310(オプション対応)、
MX-C312SC/C312(オプション対応)、MX-B382SC/B382(オプション対応)、MX-M753/M623(オプション対応)、
MX-M503/M423/M363/M283シリーズ(オプション対応)、MX-M354FP/M314FP/M264FPの機能です。

その他の機種のうち、カラー複合機MXシリーズ、モノクロ複合機MX-Mシリーズ(MX-M310FP/M260FP/M310FG/M260FGは除く。)については、「受信データのE-mail転送」機能のみ可能 です。(オプションが必要な場合があります。)

活用ポイント

  • 迷惑FAX等は紙に出力せずに済みますのでコスト削減につながります。
  • 予め設定することで、担当毎のメールや指定したフォルダに転送することもできます。

操作ガイド

このページのトップへ