ホーム > 製品情報 > SAPソリューション > SAP導入の考え方

ERP:SAPソリューション

SAP導入の基本的な考え方

当社は、お客様の業務現場に合ったソリューションの提供を心がけています。

1. お客様の業務理解を前提としたプロジェクト推進

お客様の業務プロセスの理解は、mySAPで何を実現すべきか、どのように運用すべきかを判断する前提条件です。
また、システム導入をきっかけに、業務自体の標準化・精鋭化を図り効果を上げるためには、mySAPとのFit&Gap(フィット&ギャップ)分析だけではなく、全社的な業務プロセスの改革と改善活動の継続が不可欠です。

当社は、お客様の業務プロセスの徹底した理解を前提に、SAPソリューションの導入・運用サポート体制で、お客様の業務そのものに根ざしたプロジェクトを推進します。

このページのトップへ

2. 現場に密着したプロジェクト推進

mySAPは個別業務を超えた業務プロセス全体の最適化を実現するERPパッケージですが、大切なことは、「経営者視点の最適と現場視点の最適のバランス」です。当社は、現場に密着したヒアリングで、業務ルールの共通理解と最適化への合意形成を重視します。
また、最適化のためにルールを変更する場合の影響も常に考慮し、現場の納得度が高いSAPソリューションの導入・運用を実現します。

業務プロセスにかかわる様々な関係者に対して、全体の最適化を理解していただくためにきめ細かい報告・確認を行い、継続的な改善活動を支援します。

このページのトップへ

3. 周辺ソリューションを活用したトータルシステムの構築

mySAP単独での運用に加え、周辺ソリューションを有効に活用することで、開発工数とコストの低減、運用・保守の効率化が図れます。
例えば、業務フローの記述、プロセスモデリングによる業務改革には、業務プロセス分析ツールARIS(注)の活用を提案します。

当社では、特徴的なハードウェアや独自の開発ノウハウで、基幹システムと関連システムを連携させたトータルシステムの構築を目指します。

(注) ARIS(ARchitecture of Integrated Information Systems)は、IDSシェアー社の登録商標または商標です。

このページのトップへ

4. 対費用効果(コスト・プロフィット)分析に基づいた導入提案

mySAPは多機能な開発が可能なシステムですが、開発する全ての機能がその開発コストに見合うプロフィットを生み出すとは限りません。当社は、「システムを適用せずに業務プロセスの最適化を達成すること」も検討し、mySAPシステム構築・運用コストの削減と業務プロセスの効率化を提案します。

システムの再構築では、既存機能を無条件に取り入れてしまいがちです。当社は、業務分析から必要な機能を見直し、ムダの排除と最適化を提案します。

このページのトップへ

5. 海外現地法人への展開サポート

グローバル化の進展で、海外支店・現地法人の決算の短期化、業務プロセスの標準化への要請が高まっています。mySAPは、多言語/多通貨に対応し、グローバルに活躍する企業に最適なシステムです。当社は、海外現地法人(英語圏)への導入・展開の経験を踏まえ、海外現地法人へのSAP導入展開をサポートします。
中国の現地法人に対しても、当社パートナーとの協力によりサポートが可能です。

このページのトップへ