見どころレポート 旬な話題をお届け!

AGEsセンサ

健康状態を示す新たな指標 「AGEs」って何?

AGEsセンサ

ヘルスケアやメディカル関連製品を製造販売するシャープライフサイエンス株式会社では、体内で生成される老化物質のひとつである「AGEs(エージーイー)」(※1)の蓄積レベルを簡単に測定できるAGEsセンサを販売しています。

AGEsは糖とタンパク質が結合して体内に生成される物質で、偏った食生活や運動不足など生活習慣の乱れにより体内に蓄積されていきます。今、健康状態を示す新たな指標として注目されています。
本機は、独自の光センシング技術により体内に蓄積したAGEsの蓄積レベルを、血液を採取することなく測定できます。左手中指の先を測定部に挿入するだけで、わずか30~60秒で測定結果を得られます。

従業員の健康意識向上のために

食堂で提供される低糖質メニューシャープ幕張ビルの社員食堂では、1月22日から3月30日まで、従業員の健康意識向上のため「幕張チャレンジ」を開催しています。期間中、食堂では「低糖質メニュー」(週3回)を提供。食堂の前のロビーに設置したAGEsセンサで週に一度蓄積レベルを測定してもらい、健康チェックを行なっています。利用している従業員からは「幕張チャレンジへの参加をきっかけに健康に気遣うようになりました。」「食事に糖質がどれくらい入っているのかを気にしたり、食事の順番を気にしながら食べるようになりました。」といった感想が寄せられています。

顧客サービスや研究開発のために

食堂以外でも、例えば調剤薬局や美容サロン、スポーツジムなどで、来店されたお客様が手軽に測定できる環境をつくることで食生活や運動習慣の改善への「気付き」を提供できます。お客様とのコミュニケーションも活発になるのでビジネス拡大への貢献も期待できます。また、食品や健康関連の研究機関などでも製品やサービス開発の一助として活用いただけます。

従業員の健康が組織の活性化や生産性の向上に貢献するほか、医療費を抑えて収益性の向上につながるとされている「健康経営」が社会的な注目を集めています。AGEsセンサは従業員の健康意識向上をはじめ、顧客サービスや研究開発などの様々なシーンでお役にたてるツールです。

製品の詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://www.sharp-sbs.co.jp/ages-sensor/

(※1)AGEs:Advanced Glycation Endproducts(最終糖化産物)

この記事はお役に立ちましたか?
ありがとうございました!