TeleOfficeが特定保健指導の遠隔面談で大注目! 三菱電機ライフサービス株式会社様の導入事例|見どころレポート

見どころレポート 旬な話題をお届け!

TeleOffice

TeleOfficeが特定保健指導の遠隔面談で大注目!
三菱電機ライフサービス株式会社様の導入事例

写真:TeleOfficeでの遠隔面談の様子。管理栄養士が遠隔地から受診者と面談しています。

TeleOfficeとは?

TeleOfficeは、映像や音声はもちろん資料やホワイトボードも「場所を選ばず」「リアルタイムに」共有するクラウド型Web会議サービスです。スムーズに情報を共有する新しいコミュニケーションツールです。
遠隔会議だけでなく、資料の印刷が不要なペーパーレス会議、現場の状況をリアルタイムに共有することなど、様々なシーンで活用されています。また学校など教育現場でも、遠隔授業やゼミ、就職ガイダンスに利用するなど、TeleOfficeの特長を生かした活用シーンがどんどん広がっています。

離れていても生活習慣の改善指導に活用できます!

TeleOfficeは従業員の健康管理の効率化にも活用できます。
2008年度から、メタボ健診ともいわれる特定健診・特定保健指導がスタートしました。
特定健診の結果からメタボリックシンドロームあるいはその予備群と判定された人は、特定保健指導の対象となります。この特定保健指導では、保健師や管理栄養士などの専門スタッフによる面談などの支援を実施します。
この支援にTeleOfficeを活用した事例をご紹介します。

三菱電機グループで活躍しています

三菱電機グループを中心に特定保健指導を展開している三菱電機ライフサービス株式会社様(東京都)では、遠隔地での面談にTeleOfficeを活用し、面談内容の充実と実施率の向上を目指されています。

■詳しくはこちら(TeleOffice導入事例 – 三菱電機ライフサービス株式会社様)
https://www.ideep.com/case/example07/新しいウィンドウで開きます

▼TeleOfficeのお問い合わせはこちら
https://www.sharp-sbs.co.jp/ssl/teleoffice/form.php新しいウィンドウで開きます

この記事はお役に立ちましたか?
ありがとうございました!