見どころレポート 旬な話題をお届け!

お知らせ

「六甲ライナー3000形」に鉄道車両向けプラズマクラスターが搭載されました

六甲ライナー3000形 車両外観 プラズマクラスターイオン発生器
シャープのプラズマクラスター技術をベースとした空気浄化システムが、神戸新交通株式会社の新型 六甲ライナー 3000形車両に搭載されました(注1)。

新型車両は2018年8月31日(金)から運行開始。神戸港沖の人工島「六甲アイランド」にあるマリンパーク駅と神戸市の住吉駅を結ぶ六甲アイランド線を走ります。

乗客の方々への快適な車内環境の提供をプラズマクラスターがサポートします。
全国の鉄道車両にどんどん拡がっていけばいいですね。
(画像提供:神戸新交通株式会社、川崎重工業株式会社)

シャープのプラズマクラスター技術をベースとした空気浄化システムが、神戸新交通株式会社の新型 六甲ライナー 3000形車両に搭載されました新しいウィンドウで開きます

▼シャープの業務用プラズマクラスターについてはこちら
http://www.sharp.co.jp/business/pci/index.html新しいウィンドウで開きます

(注1)川崎重工業株式会社が開発したプラズマクラスターイオン発生器が搭載されました。
● プラズマクラスターロゴ(図形)およびプラズマクラスター、Plasmaclusterは、シャープ株式会社の登録商標です。

この記事はお役に立ちましたか?
ありがとうございました!