見どころレポート 旬な話題をお届け!

ITソリューション

Windows 10 のバージョン管理は「WSUS」がおすすめ

Windows 10 に切り替える企業が増えている

Windows 7 のサポート終了が2020年1月14日に予定されています。社内のパソコンのOSを Windows 7 から Windows 10 へ切り替えるにあたり、WSUS(Windows Server Update Services)を導入し、WSUSを使って運用・管理を行う企業が増えています。

なぜ Windows 10 の切り替えのタイミングでWSUSを導入したのでしょうか?

Windows 10 の最新版を使い続けるための重要ポイント

マイクロソフトのOSは、Windows XP から Windows Vista 、Windows 7 と新しいOSが出るたび、旧OSのサポート終了に伴い、新OS製品へのリプレース・買い替えが必要でした。

Windows 10 は「WaaS(Windows as a Service):サービスとしての Windows」という概念に基づいて提供されるOSです。WaaSにより従来のOSには無い「機能更新プログラム」が提供されます。半年に一度このプログラムが自動的にインストールされることで、その時点での「最新のWindows OS 」を継続して利用できます。

WSUSが必要な理由

しかし、自動的なインストールは、業務を停止させる恐れがあります。あるお客様で「機能更新プログラム」が意図せず自動的にインストールされてしまった結果、業務用アプリケーションが動作しなくなるという事例がありました。
常に最新の Windows 10 が使えるという大きなメリットがある反面、機能更新後のOSに対応できないアプリケーションが発生する可能性があるのです。

企業内で業務を止めないために、「機能更新プログラム」を自動的にインストールさせるのではなく、”まず検証機のみにインストールして問題が無いことを確認したのち、全社のパソコンにインストールする”という運用を基本とし、それに必要な管理をしなければなりません。
どのタイミングで、どのパソコンに、どの「機能更新プログラム」をインストールするか。この管理を可能にするシステムが「WSUS」です。

機能更新プログラムの運用管理システムの「WSUS」

Windows Update Webサイトからインターネットを介して更新プログラムをWSUSサーバーへダウンロード。社内のクライアント・サーバーへの更新プログラムの配布を管理者により管理します。

~WSUSの機能~
  • 機能更新プログラムの中からインストール対象とするもの、しないものの選択が可能です。
  • インストールする対象のパソコンをグループ(注)で選択可能です。
    (注)全社のパソコンをグループ分けして管理します。
  • どの機能更新プログラムが、どのパソコンにインストールされているか、いないかが管理画面で確認できます。

当社ではWSUS設計・構築から運用に至るまで、トータルで支援いたします。詳しくはサービス紹介ページをご覧ください。

WSUS構築・運用支援の紹介ページへ

資料請求、ご相談はお問い合わせください。

この記事はお役に立ちましたか?
ありがとうございました!