見どころレポート 旬な話題をお届け!

流通ソリューション

「バーコード・QRコード付きチケット」に対応。券種の違いを考慮した複雑な入場のチェックをハンディターミナルで管理

イメージ画像:アミューズメントパークのチケット改札テーマパークやアミューズメントパーク、コンサート、美術館、スキー場のリフト、展示会やセミナーの参加など、チケットを購入して入場する場面って意外と日常にありますね。

最近ではチケットの転売が問題視され、対策をしている施設やプロモーター(興行会社)等も増えているのではないかと思います。
チケットの転売防止のためにチケットと購入者の個人情報を紐付けた入場の管理、チケットの種類によって入場時間の制限や優先入場者を識別した入場の管理などには、バーコードやQRコード付きチケットが欠かせません。

写真:スマートフォンの画面にQRコードが表示されている例えば、テーマパークでは、時間指定で優先的にアトラクションに乗車できるチケットをQRコード付きで発券し、QRコードを読み込んで該当する時間にだけ入場させるようにしたり、定員が決まっているショーの観覧を抽選のうえ決定し、QRコードを読み込んで当選者だけを入場させることで、お客様に特別感のあるおもてなしを提供することができますね。

また、コンサートでは、個人情報をあらかじめ登録してもらった上でチケットを販売し、個人が特定できるもの(運転免許証など)と照合して入場してもらうなどといったチケット転売防止の例があげられます。

写真:ハンディターミナルを握っているところこのバーコード・QRコードを読み込むためにスキャンする機器が必要なのですが、コンセントが必要な固定式のスキャナだと設置場所が制限されてしまいます。バッテリーで稼働するハンディターミナルは、コンセントがない場所でも利用できるので、臨時に開催するイベントや入場ゲートの増設など柔軟に対応できます。

ハンディターミナルに関するお問い合わせはこちら

※ ハンディターミナルの利用には、アプリケーションが別途必要です。

※ QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

この記事はお役に立ちましたか?
ありがとうございました!