見どころレポート 旬な話題をお届け!

受付から呼び出しまで、番号表示でも音声案内でも行えます。

フードコートや銀行、診察室や調剤薬局、携帯電話ショップや自治体、企業の受付窓口などで順番待ちをしたり、人を呼び出したりしますね。
当社では、呼び出し番号をディスプレイに表示するシステムや、音や振動、光で呼び出せる“呼び出しベルシステム(コールベルシステム)”、また会話やダンスによってお客様に順番を知らせる“モバイル型ロボット(ロボホン)”と、順番待ちや呼び出しに活用できるソリューションがあります。
パソコンの機能を持つタッチパネルやPOS端末と連携することで受付から呼び出しまでがスムーズに行えます。

呼び出し方法は音と光と振動で

例えば企業の受付窓口に設置したタッチパネル。画面に表示された訪問先の部門名をタッチすると、該当する部門に置かれた呼び出しベルが音と光と振動で来訪者がいることを知らせます。画像:受付にお客様がいらして、ディスプレイに表示されている訪問先をタッチすると、訪問先の呼び出しベルが音と光と振動で知らせてくれます。

モバイル型ロボットで順番がきたことをお知らせ

飲食店での利用イメージは、2019年2月に開催された「第47回国際ホテル・レストラン・ショー」での当社ブース内でのデモ動画をご覧ください。呼び出しベルでお客様を呼び出すのと同時に、モバイル型ロボット 「ロボホン」でお客様をお出迎え。愛らしいロボホンに気持ちがなごみますね。

動画 26秒

ディスプレイに表示して対応状況を案内

その他に注文の受け付け状況などの番号をディスプレイに表示するシステムを活用することで、業務に合わせた方法でお客様に待っていただいたり、呼び出したりすることができますね。画像:注文の受付状況をディスプレイに表示。呼び出し中の番号を大きく表示してお客様にお知らせします

番号表示システム、呼び出しベル、モバイル型ロボットに関する
お問い合わせはこちら

呼び出しベルシステム(コールベルシステム)の詳細はこちら

モバイル型ロボット「ロボホン」の詳細はこちらから


関連記事
スーパーマーケットでも活躍!~多彩に広がるデジタルサイネージ(電子看板)の活用~
ロボット接客をあなたのお店で!タブレット端末と連携したソリューション
リテールテックJAPAN 2019に出展 4Kデジタルサイネージが本格化
WinActorの使用事例を紹介。使い方のキーワードは「効率アップ」「コスト削減」「働き方改革」
効率良い 有意義な会議

シャープマーケティングジャパン株式会社 ビジネスソリューション社 会社概要

この記事はお役に立ちましたか?
ありがとうございました!