見どころレポート 旬な話題をお届け!

紙の情報もOCRソリューションで簡単抽出!

まだまだ無くならない紙の書類

取引先からの注文書や請求書など、社内には紙の書類が溢れています。
これらをデータ化し、RPAや文書管理と連携して活用したいという企業が増えています。

RPAの普及によりOCRへの注目が集まっています

企業の中ではRPA(Robotic Process Automation)の普及により定型業務の自動化が進んでいます。定型業務の中には紙の書類に記載されている内容を社内システムに転記するといった業務も多く、OCR(Optical Character Recognition、光学的文字認識)技術でデータ化し、RPAにて社内システムに入力したいという要望からOCRへの関心が高まっています。

OCRを活用した、紙からの情報取り出しをあきらめていませんか

  • 単純な転記作業などに人の手間や時間がかかっているが見直しの機会がない。
  • データ化しようにも紙帳票の種類が多様で、欲しい情報の位置や目印になるラベルがばらばらで手が付けられない。
  • OCRの精度はまだまだ甘く、手書きもあり、導入しても逆に人の手による修正が大変そう。
  • 理想は紙から情報を抽出して活用するまでの自動化。でも費用がかかりそう。

シャープマーケティングジャパンのOCRソリューションはこんなに簡単

  • 検索ワードを指定するだけで抽出も簡単、手間暇かけずに設定可能。
  • 特定フォルダに紙のイメージデータを保存するだけで自動処理開始。さまざまな種類の帳票を自動判別し、帳票の種類に合わせて抽出・補正。結果をCSVデータ出力。
  • 活字、手書きの双方でハイブリッド抽出が可能。
  • 独自開発したルールベースのAI補正エンジンで、正しい情報に自動補正。
  • マスター補正などの多彩な補正タイプを装備。
  • CSV出力フォーマット設定で、抽出項目以外に「固定ワード」や「マスター変換ワード」を指定可能。
  • 上記の高機能システムが低コストにて構築可能。

ドキュメント情報管理システムとの連携でさらに広がるデータ活用

  • OCRソリューションで抽出した情報をドキュメント情報管理システム「FullWEB」に自動連携が可能。
  • FullWEBでは紙のイメージデータを管理。抽出した情報からさまざまな検索が高速で可能。
  • 登録した情報もコラボ機能により関係者と自動連携できるから業務が効率化。

OCRソリューションの詳細はこちら

この記事はお役に立ちましたか?
ありがとうございました!