ホーム > 教育ソリューション > インタラクティブスタディ > スタディライター for Web

インタラクティブスタディ

スタディライター for Web

フローチャートを描く感覚で対話型学習教材を作成

スタディライター for Webは、フローチャートを描く感覚で対話型学習教材を作成することができる教材作成支援ソフトウェアです。動画や音声などのマルチメディアを活用し、個に応じたきめ細やかな教材が作成できます。回答の分析及び評価に基づき、教材の編集を行うこともできます。

画像:対話型教材作成画面例

CASA(Computer Assisted Self Assessment)機能とは

付属のテンプレートを利用することにより、簡単に評価用の教材が作成することができます。作成した教材は、いつでも編集することができ、他の教材に組み込むことも可能です。付属のテンプレートは、目的に応じて変更することが可能です。

画像:評価用教材作成画面例

スタディライター for Web 動作環境

先生用コンピューター
OS Windows® 8.1/Pro/Enterprise(32bit/64bit)
Windows® 8/Pro/Enterprise(32bit/64bit)
Windows® 7 Professional(32bit/64bit)
ブラウザー Internet Explorer® 9、10 または 11(日本語版)
  • Cookieの使用と信頼済みサイトにサーバー用コンピューターを登録する必要があります。
  • Internet Explorer 10 及び 11 は互換表示設定を行う必要があります。(注)
  • 使用OSとInternet Explorerバージョンの組み合わせは、マイクロソフト社の「Internet Explorerサポートポリシー新しいウィンドウで開きます」に準じます。

(注)V3.2 以降のバージョンは設定不要です。

JVM(注)

Java VM J2RE : 1.6.0_02、1.6.0_03 、1.6.0_06、1.6.0_07、1.6.0_16~1.6.0_18、1.6.0_20~27、1.6.0_30~35、1.6.0_43、1.6.0_45、1.7.0_04~07(詳細はお問い合わせ新しいウィンドウで開きますください。)

(注)Java VMは、教材が読み取れるよう、ローカルポリシーを設定する必要があります。

(注)Java VM での動作に関する詳細情報新しいウィンドウで開きますについては、スタディシリーズのサイトでご確認ください。

表示機能 1024×768ドット以上の解像度、65,536色(High Color [16 ビット])以上の色表示能力。
マルチメディア機能 マルチメディア機能を使用する場合は、サウンドボードや画像ボードと各ドライバーが正しくインストール設定され、正常に動作している必要があります。
ディスクドライブ CD-ROM(インストールに必要)
ハードディスク 作成する教材を記憶するのに十分な空き容量が必要です。

スタディライター for Web Ver.3(注1)価格

ライセンス 品番 希望小売価格
1ライセンス IS-W0301 15,000円+税
スクールライセンス(注2) IS-W03S 125,000円+税

(注1) 本製品を使用して作成した教材コンテンツには当社のライブラリデータ等が含まれます。有償にて教材作成を行う場合、または作成された教材を販売・有償貸与等される場合は別途当社との契約が必要となります。

(注2) 同一施設内での使用に限ります。

このページのトップへ

このページのトップへ