ホーム > ITソリューション > WinActor(ウィンアクター)RPAソリューション

WinActor(ウィンアクター)RPAソリューション

~人に寄り添い助ける日本型RPA~

タイトル:WinActor RPAソリューション

WinActorは2010年に、NTT研究所で産まれた純国産RPAソリューションです。Excel、ブラウザー、個別の業務システム等、Windows端末で操作可能なアプリーケーションの操作をシナリオとして記録し、パソコン操作を自動化するソフトウエア型のロボットです。

RPA(robotic process automation)とは、ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みのことで、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれます。
当社は、WinActorの販売代理店です。販売元は株式会社NTTデータです。

WinActorでできること

顧客住所を地図ソフトで検索し、その地図を貼り付けたり、OCRソフトを使って注文書類をデータ化し、受注管理システムに投入したり、お手の物です。NTTデータの動画でご確認ください。

このページのトップへ

どうやって動かすの?

プログラミング等の特別な知識が無くても、簡単にシナリオ作成ができます。

①シナリオ自動記録
業務操作をWinActorが学習し、シナリオの雛型を作成

イメージ:録画

②シナリオ編集
GUI操作でシナリオの動作条件を編集

画面:シナリオ編集画面

③シナリオ実行
業務操作をWinActorが自動で正確に再現

イメージ:再生

WinActorの操作イメージ

Windowsに標準でインストールされる電卓アプリケーションを例に操作イメージを示します。

  1. 記録対象画面の指定ボタンをクリックして記録対象画面を選択します。

    画面:WinActorの記録対象画面指定ボタン

  2. 記録を開始ボタンをクリックしてアプリケーションを操作します。

    画面:WinActorの記録開始ボタン

  3. アプリケーション操作に従いフローが自動的に生成されます。

    画面:WinActorのフローチャート画面 生成されたシナリオが表示されています

WinActorのシナリオ編集

フローチャート画面でドラッグ&ドロップ、クリック操作で編集可能です。自動生成されたシナリオをグルーピングしたり、条件分岐を追加したりして、きめ細やかにシナリオを編集できます。

画面:フローチャート画面 「繰り返しノード」の内容を確認したり、新たなノードを追加したりして、フローチャートを強化できます

このページのトップへ

シナリオ自動記録のインターフェース

シナリオ自動記録のインターフェースには「UI(ユーザーインターフェース)識別型」、「ファイル向け」、「画像識別型」、「座標指定型」があります。それぞれのインターフェースが対象とするアプリケーションは下記の通りです。

インターフェース 対象アプリケーション
UI識別型
  • Internet Explorer
  • Visual Studio等で作成されたアプリケーション
  • フォルダ/ウィンドウ操作
など
ファイル向け
  • Excel
  • CSV
など
画像識別型
  • Microsoft Office
  • Java
  • Flash
  • PDF
  • Text
  • ブラウザー(Internet Explorer以外)
など
座標指定型
  • DOSコマンド
  • メインフレーム/エミュレーター
など

1.インターフェース UI認識型(Internet Explorerモード/イベントモード)

Windows上で動くアプリケーションの操作に利用
画面の入力欄やボタンに通し番号を付けて管理します。何番目の入力欄が操作されたかの番号を覚えて自動操作を行います。

フローチャート画面:電卓アプリケーション操作の記録

2.インターフェース ファイル向け(Excel/CSV)

利用率の高いExcel/CSVファイルの操作に利用
Excel形式、CSV形式のデータファイルに対して、ファイル名、シート名、セル位置を指定したデータの読み取りや書き込みを行えます。

Excel操作プロパティ画面および操作イメージ:ファイル名やシート名・セル位置を記録

3.インターフェース 画像識別型(画像マッチング)

リモートデスクトップ等の画像でしか認識できない場合の操作や、画像変化を検知したい場面で利用
アイコンや入力欄の画像を覚えて自動操作を行います。記録した時と同じ形状のアイコンをクリックしたり、記録した時と同じ形状の入力欄にカーソルを移動させたりすることができます。

画像マッチングプロパティ画面:例えば「登録」ボタンを探し出しクリックをさせます。

4.インターフェース 座標指定型(エミュレーションモード)

記録操作画面:「座標(37.212)で左クリック 約3秒待機して 座標(76.210)で左クリック」というようにマウスの動きを記録
マウス/キーボードの動きを記録対象とする場合に利用
マウスがどのように動いたか、どのタイミングでキーボードやクリック操作が行われたかを座標で記録し、自動操作を行います。

このページのトップへ

WinActorを動かしてみた

営業支援部門の担当者が、お客様から送られてくる注文書を、受注管理システムに登録する業務で導入前と導入後の変化を確認しましょう。

導入前

お客様ごとに様式の異なる注文書が送られてきます。担当者が受注管理システムに転記する際には、様式が異なる故にミスが発生していました。

WinActor導入前の業務イメージ:転記ミスが発生していました

導入後

お客様から様式の異なる注文書が送られてきても、WinActorが注文書の様式を自動で認識し、自動で入力。担当者は入力結果をチェックするだけです。

WinActor導入後の業務イメージ:自動入力により転記ミスが0になりました

このページのトップへ

WinActorの得意な操作

  • 大量のデータ投入、転記作業
  • ダイレクトメールの送信
  • Webサイト検索、インターネットからの情報収集
  • ホームページのリンクやメーリングリストの死活確認
  • 起案、承認等のワークフロー操作の自動化
  • 印刷作業、PDF化作業
  • データ分析、加工と配布
  • 複数台の端末を用いた負荷テスト
  • サーバーメンテナンス(コマンドライン操作)・・・等

このページのトップへ

WinActor導入の狙い

  1. 定型作業にかかる稼働・コストを削減したい。

    例)定型作業に時間を要し、他の業務へ時間を当てられない… 

    例)業務繁忙期に臨時職員を雇うのが大変…

  2. 誤入力等の事務ミスを防止したい。

    例)誤入力、チェック漏れ等、事務ミスが多い…

    例)ミスの影響調査や改善活動、報告の時間がもったいない…

  3. システム改修費用・リスクを抑制したい。

    例)既存のシステムに改修などの手を加えたくない…

社内業務から、アウトソーシング、システム間のデータ連携まで、あらゆるシーンで活躍します。

このページのトップへ

動作環境

対応OS Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10
対応ソフト Microsoft Office 2010、2013、2016(注)Office連携時
対応ブラウザー Internet Explorer 11(注)ひな形作成機能使用時
推奨CPU Intel Pentium4 2.5GHz 相当以上
ハードディスク 空き容量 500MB以上
メモリー 2GB以上
ディスプレイ 1024×768以上

このページのトップへ

WinActor まとめ

自動化対象ソフト Windows端末から操作可能なあらゆるソフトに対応! Internet ExplorerやOffice製品(Excel、Access、word、Outlook)はもちろん、ERP、OCR、ワークフロー(電子決裁)、個別の作り込みシステム、共同利用型システムまで
対応言語 完全日本語対応 マニュアルからシナリオ作成画面まですべて日本語
難易度 低い GUI完備、プログラミング知識や特殊な言語は不要
信頼性 高い NTT研究所が開発、7年の歴史
サポート 万全の体制 NTTデータが誇る万全の体制
価格 非常に安い 最低賃金を下回る安さ
環境 パソコン1台でも動作 特別な環境構築不要、パソコンへのインストールのみ
導入期間 即日利用可能 環境構築もルール作成も簡単、スモールスタートに最適なコンパクト設計

このページのトップへ

お問い合わせ

ご契約前のご質問・資料請求をお受けします。

Webでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-5446-8362
受付時間
月曜日~金曜日:9時~12時、13時~17時30分 (土曜日・日曜日・祝日など当社休日を除く)

このページのトップへ

  • 「WinActor」の開発元は、NTTアドバンステクノロジ株式会社です。

このページの先頭に戻る