ホーム > ワークスタイル変革|コンセプト

ワークスタイル変革

コンセプト

東日本大震災の教訓として、BCP(事業継続計画)や節電対策としてテレワークが注目され、少子高齢化に伴う働き手の不足に対応する手段としても、多様な働き方を受け入れるワークスタイルの変革が求められています。
シャープビジネスソリューション株式会社では、以下のアプローチで、企業のワークスタイル変革を支援します。

タイトル:「テレワークを充実」、「コミュニケーション革新」、「ICTの利活用」により、時間や場所に縛られないワークスタイルに変革。

ワークスタイル変革に必要なICT環境とは?

「なぜ、毎日会社に行くのですか?」

在宅勤務やモバイル勤務等のテレワークを長年推進し、国の委員も務める株式会社テレワークマネジメントの代表取締役 田澤由利氏はこう問いかけた。「会社は行くのが当たり前」なので、考えたことも無かったという人がほとんどだろう。
「会社に仕事道具があり、会社に仕事仲間がいる。だから、会社に行かないと、仕事ができない。であれば、クラウド上に仕事道具を置き、クラウド上で仲間と一緒に仕事をすることができたらどうでしょう。毎日、朝から晩まで会社の中にいる必要はありません。直行・直帰はもちろん、自宅やカフェで仕事ができ、働き方は確実に変わります。ワークスタイル変革には『どこででも』仕事ができるICT環境を整えることが重要です。」
田澤氏に、「ワークスタイル変革に必要なICT環境」をイメージしてアドバイスをいただいた。

「できる仕事は限られている」という先入観を捨てよう

テレワークとは、「場所や時間にしばられない柔軟な働き方」のこと。ICTを活用して実現できる新しいワークスタイルです。オフィスだけでなく、自宅で仕事をする在宅勤務、出先で移動しながら仕事をするモバイルワーク、最近は、テレワークするためのサテライトオフィスも注目されています。
ただし、制度を変えるだけでは、「働き方」は変わりません。「働き方」を変えるには、「働く道具」も「働く意識」も変える必要があります。「出先や自宅でできる仕事は限られている」という先入観を捨て、今の仕事のやり方、道具をどう変えれば、いつもの仕事が、どこででもできるようになるのか。経営者が、管理職が、社員ひとりひとりが、考え、行動することで、ワークスタイル変革を実現することができます。(田澤 由利 氏)

田澤 由利 氏
株式会社テレワークマネジメント代表取締役
テレワーク推進の第一人者。著書に「在宅勤務が会社を救う」。内閣府政策コメンテーター。
平成27年度情報化促進貢献個人等表彰にて総務大臣賞受賞。

このページのトップへ

このページのトップへ