ホーム > 会社情報 > ニュースリリース > 「スーパー インタラクティブ スクール」タブレット端末対応版の販売開始

会社情報

ニュースリリース

2015年5月7日

シャープビジネスソリューション株式会社

タブレット端末を活用し、きめ細やかな個別学習指導が可能
「スーパー インタラクティブ スクール」タブレット端末対応版の販売開始

シャープビジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、社長:谷屋誠)は、当社が小中学校向けに販売する個別学習支援システム「インタラクティブスタディ(注1)」用の教材として、新たに「スーパー インタラクティブ スクール」タブレット端末対応版の販売を2015年5月より開始します。

本教材は、株式会社進学会(本社:札幌市、社長:平井崇浩)が「インタラクティブスタディ」専用の教材として、従来のパソコン用に加え新たにタブレット端末用を開発、小・中学校の主要5教科の基礎学力の確実な定着を目標としています。教員は、児童・生徒一人ひとりの学習状況を把握できるので、学習理解度に応じて、児童・生徒に適切な個別指導が可能です。

当社は今後も、教育ICT化の進展に向け、様々な教育ソリューションを積極的に提案してまいります。

(注1)「インタラクティブスタディ」の詳細については、当社ウェブサイトにてご確認ください。

品名 「インタラクティブスタディ」専用教材ソフト スーパー インタラクティブ スクール タブレット端末対応版
内容
  • 小学校用教材(国語、算数、理科、社会)全324教材
  • 中学校用教材(国語、数学、理科、社会、英語)全386教材
対応端末 Windows ® タブレット端末
対応OS Microsoft® Windows® 7 Pro(32bit/64bit)
Microsoft® Windows® 8/8 Pro(32bit/64bit)
Microsoft® Windows® 8.1/8.1 Pro(32bit/64bit)
販売時期 2015年5月

「スーパー インタラクティブ スクール」タブレット端末対応版の特長

  1. 豊富なラインアップで学習指導要領に対応

    小単元単位の教材により、児童・生徒にきめ細かな個別指導を行えます。

  2. 学習目標、単元の特性、使い方に応じた様々なタイプの教材を提供

    学習到達度・理解度を細かく確認し、理解度に応じて個別に学習を進める「チュートリアル型」、反復演習と知識整理ができる「ドリル型」、理科の実験・観察など視覚化できる「シミュレーション型」、電子黒板向けにチュートリアル型教材から再構成した「提示型」など、使い方に応じた様々な教材の提供が可能です。一斉学習や個別学習、協働学習など、教育現場の多様なニーズにも対応できます。

  3. 教員の授業準備を効果的にサポート

    指導手引書や教材マニュアルも充実しています。

■本件のお問合わせ先

報道関係者様:シャープ株式会社

広報部

大阪(06)6625-3006/東京(03)5446-8205

お客様:シャープビジネスソリューション株式会社

販売推進部 教育ICT担当

(03)5446-8312

このページのトップへ

  • 「Windows」「Microsoft」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。